気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

健康

Googleがスマート コンタクトレンズを開発!

投稿日:2014年1月18日 更新日:

Googleといえば検索エンジンや最先端技術で有名ですが、なんと医療分野にまで進出しているとは知りませんでした。

時代の最先端を走るGoogleの技術は、コンタクトレンズを介して涙に含まれる成分を分析して糖尿病の管理に役立てようとする野心的なものです。

さて、その内容とは一体どんなものなのでしょうか・・・?

◆Googleがスマート コンタクトレンズを開発、血糖センサと無線内蔵の医療用。LED内蔵も検討
 engadget日本版より
contactlens

Google が「スマート コンタクトレンズ」の開発計画を明らかにしました。

Google の先端技術研究所 Google [x] が開発した Smart Contact Lens は、二層のソフトコンタクトに微細なセンサーとチップ、アンテナを挟んだ構造で、(当初の) 用途は医療用。

涙に含まれるグルコースを監視することで、糖尿病患者に血液検査より楽な血糖値管理の方法を提供するとともに、今後はLEDを内蔵して、着用者に血糖レベルの急激な変動を警告する機能も検討しています。

contact-lens-circuits

Google はスマートコンタクトレンズの試作品を完成させており、技術的にはまだ初期段階であるものの、すでに複数の臨床研究を実施したとしています。

さて、Google といえば Android OS の開発主体であり、年内にも市販予定の Google Glass など、ウェアラブル端末への積極的な取り組みで知られています。今回の Smart Contact Lens はあくまで医療用デバイスとしての発表ですが、センサとプロセッサ、アンテナにLEDを内蔵して外部機器と連携できるコンタクトレンズとなれば、医療以外での応用も期待したくなります。

スマートコンタクトレンズ計画の発足メンバーに名を連ねるGoogleの Babak Parviz 氏といえば、Google Glass の発表当初からプロジェクトに関わる研究者。もともとワシントン大学で機能性コンタクトレンズやバイオナノテクノロジー、生体 / 半導体ハイブリッドデバイスなどを研究しており、そちらではすでに6年前に、LEDアレイを敷き詰めたコンタクトレンズ型ディスプレイを試作しています。

Google は医療用の機能性コンタクトレンズについて、米国のFDA(食品医薬品局)など当局と認可に向けた話し合いを続けており、こちらで道を開いておけば、いつの日にかメガネすら要らないコンタクトレンズ型ウェアラブルデバイスも市販できるかもしれません。

スポンサードリンク

グーグル、スマートコンタクトレンズを開発中–「Google X」最新プロジェクト
Cnet Japan

洋上に浮かぶはしけをショールームにする計画から、死を逃れる(あるいは少なくとも先延ばしにする)ものだと一部で言われる取り組みまでが明らかになり、もはやGoogleから何が出てきても驚くことはなさそうに思われる。

しかし、Googleはいつも何らかの形で自らを乗り越える。

Googleによる最新のMoonshotプロジェクトは、何日も話題になることは確実だ(あるいはこの場合、新たな可能性に一部の人々の目を向けさせる、と表現する方がふさわしいかもしれない)。

極秘の研究部門「Google X」で開発中の最新プロジェクトは、スマートコンタクトレンズだ。

ただしこのプロジェクトを、これよりはるかに華やかで、消費者が間もなく手軽に使えるようになる「Google Glass」と一瞬でも混同しないでほしい。

スマートコンタクトレンズは、Calico(Googleが新たに手掛ける医療ベンチャー)部門から生まれたものではないが、それでもヘルスケア分野の中では極めてニッチなプロジェクトだ。

このスマートコンタクトレンズは、特に糖尿病と診断された人向けに、涙液中のグルコース濃度を測定するために開発されている。レンズは、極小のワイヤレスチップと小型化されたグルコースセンサを備える。いずれも、2層になったソフトコンタクトレンズの間に組み込まれている。

このプロジェクトの共同創設者であるBrian Otis氏とBabak Parviz氏は米国時間1月16日夕、ブログ投稿でプロジェクトの細部を詳しく説明し、中でも糖尿病治療を目的としたコンタクトレンズを開発する動機について強調した。世界で19人に1人が糖尿病を患っているという。

グルコース値は、運動や食事、あるいは発汗といった通常の動作とともに頻繁に変化する。突然の上昇や急激な低下は危険だが珍しいことではなく、24時間の監視が必要だ。中には皮下にグルコースモニタを挿入している人もいるが、すべての糖尿病患者は1日を通して、相変わらず指先に針を刺して血液検査をしなければならない。これは煩わしく、痛みを伴う。そして結果として、多くの糖尿病患者が血糖値のチェックを規定の回数より少なく済ませてしまっている。

Googleは既にテスト段階に入っているが、量産はまだかなり先の話だ。

Otis氏とParviz氏は、Googleが米食品医薬品局(FDA)とまだ協議段階ではあるものの、いずれはこのスマートコンタクトレンズを市場に投入する方向で、さらなるパートナーと専門家を探しているところだとしている。

 







-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

レーシック手術で「後遺症」 損害賠償請求できる?

※HUFFPOSTでレーシックに関する記事をご覧ください。 今、大問題になっているレーシック手術の後遺症の問題を取り上げています。 メガネで近視が治ると大々的に宣伝されているレーシック手術ですが、医師 …

「自閉症の子供」が急増している理由とは?

昨日(2015/2/17)の中日新聞に、「自閉症 治療薬に弾み 金大など 新化合物効果確認」という記事が目に留まりました。 自閉症の子供さんを持つ親御さんにとっては期待の出来る新薬が開発されようとして …

心と体に良い影響を与える「感謝の気持ち」

ポジティブな感情が体に良い影響を与えるという事実は最近の研究を待つまでもなく皆さんもご存じだと思います。 しかし、私達は漠然とした形で否定や消極的な感情が良くないと思っていても、実生活の中で様々なスト …

すい臓がんの画期的方法を15歳の少年が発見!たったの5分、3セントで検査!

※非常に発見が難しいとされている膵臓癌の早期発見方法を発見した15歳の少年。 しかも、たったの5分で検査が完了して3セント(約3円)という信じられない検査料で膵臓がんが発見出来るという画期的な膵臓癌検 …

「世界一醜い女性」と言われたリジーさん ネット上の嫌がらせを受け、こう訴える

「世界一醜い女性」と言われたリジーさん ネット上の嫌がらせを受け、こう訴える The Huffington Post  |  執筆者: Brogan Driscoll 投稿日: 2016年12月16日 …

カテゴリー

スポンサーリンク


PageRank Checker
スポンサードリンク