気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

健康

iPS細胞より簡易な新しい万能細胞作製に成功!

投稿日:2014年1月29日 更新日:

朝日デジタルの最新版で理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子さん率いるグループが、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を超える可能性を秘めた新万能細胞「STAP細胞(刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得細胞)」の作成に成功したという大きなニュースが飛び込んできた。

今までの常識を覆す世紀の大発見ということで、今後の医療分野への応用に期待が待たれている。

以下、朝日デジタルより速報を転載させて頂きます。

haruko_obokata

★新しい万能細胞作製に成功 iPS細胞より簡易 理研

朝日新聞デジタル 1月29日(水)21時6分配信

STAP細胞について説明する理研発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子ユニットリーダー=28日午後、神戸市中央区、諫山卓弥撮影

 理化学研究所などが、まったく新しい「万能細胞」の作製に成功した。マウスの体の細胞に、外部から少し刺激を与えるだけで初期化が起き、どんな細胞にもなれる万能細胞にかわる。いったん役割が定まった体の細胞が、この程度の刺激で初期化することはありえないとされていた。生命科学の常識を覆す画期的な成果だ。29日、英科学誌ネイチャー電子版のトップ記事として掲載された。

★<新万能細胞>祖母のかっぽう着姿で実験 主導の小保方さん

毎日新聞 1月29日(水)21時27分配信

 「生物学の教科書を書き換える成果」--。理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)が作製成功を発表した新万能細胞「STAP細胞(刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得細胞)」。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を超える可能性を秘めた研究成果だけに、国内外の研究者から驚きの声が上がった。研究を主導したのは、30歳の女性の「新星」だった。

 「研究者の仕事は世の人のため。一生懸命に頑張っていれば、いつかきっと誰かが評価してくれる」

 今回の研究の中心となった小保方(おぼかた)晴子さんは、祖母の教えを忘れない。2009年、世界的に有名な科学誌に掲載を断られ、ひどく落ち込んだ。その時、励ましてくれたのが祖母だった。「とにかく一日一日、頑張りなさい」。その言葉を胸に、祖母からもらったかっぽう着に必ず袖を通して日々、実験に取り組んでいる。

 「ファッションが好きな普通の女の子。しかし、研究に関しては人並み外れた努力家」。小保方さんを指導した研究者らは、こう口をそろえる。

 大学院生だった08年夏。半年間の予定で米ハーバード大の幹細胞研究の権威、チャールズ・バカンティ教授の研究室に留学した。帰国が迫ったころ、小保方さんは「骨髄細胞を使った幹細胞の最新研究」について発表することになった。1週間ほとんど寝ず、関連する論文約200本を読んで、発表に挑んだ。

スポンサードリンク

 その内容を聞いて、バカンティ教授は「研究室を開いて以来のベストプレゼンテーション」と大絶賛し、小保方さんが米国に残って研究を続けられるよう資金面などでの援助を決めた。「感性が鋭く、新しいことにどんどん取り組む」。バカンティ教授は毎日新聞の取材に、こう評した。

 女性研究者の活躍が難しいとされる日本にあって、異例の若さで、研究室を仕切る。若い女性らしく、自室の壁はピンクや黄色で、花柄のソファを置いている。実験器具などには、「ムーミン」のキャラクターのシールなどが貼り付けてある。小保方さんは29日、毎日新聞の単独取材に「この研究は、今すぐ誰かの役に立つわけではない。いつか、世界に貢献できるようになりたい。そのために研究を続けたい」と決意を語った。
【斎藤広子】

★理化学研究所のH.Pより

発生・再生科学総合研究センター
細胞リプログラミング研究ユニット
研究ユニットリーダー 小保方 晴子 (Ph.D.)
小保方 晴子 (Ph.D.)
イモリに代表される一部の脊椎動物や植物は外部刺激に応答して、完全に分化した体細胞の可塑性を引き出し、失われた組織を再生するメカニズムを持っています。当研究室では、外傷などの外部刺激によって引き出される体細胞の可塑性と体性幹細胞の関連性に着目して研究を進めています。特に哺乳類体性細胞の可塑性を最大限に引き出すメカニズムを探求し、必要な幹細胞を生体内・生体外で作り出すことを目指しています。







-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

これが統合失調症の世界

統合失調症って昔は精神分裂病といわれて不治の忌み嫌われていた病気でした。 今では治療法も進歩して、薬により症状を改善して普通の生活が出来る人も数多くいます。 それでは患者数はどのくらいいるのでしょうか …

世界の自殺者が「年間80万人超」WHO報告

2012年の統計ですが、世界の自殺者が年間80万人を超えたというWHOの報告にショックを受けています。 中でもインドが突出しており25万8千人、続く中国が12万人、米国4万3千人、ロシア3万2千人、日 …

チーズは本当に健康に良いの?

いつも食べているチーズ、私も大好きですが本当に健康に良いのでしょうか? ◆そもそもチーズとは一体どんな食べ物なのでしょうか? チーズは動物の乳を乳酸菌で発酵させたり、酵素で固めたものから水分を取り除い …

自己暗示で最も効果的な方法とは?

セルフモチベーションを上げる方法として色々な手法が考えられています。 今日はその中から「やる気を出す」ための最新の手法についてHaffPostからご紹介します。 ◆仕事のモチベーションを上げる6つの方 …

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方法をhuffingtonpostからご紹介します。 猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは? 予防 …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク