気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

科学

小保方晴子さんの中学校時代の「詩」と「読書感想文」

投稿日:2014年2月2日 更新日:

小保方晴子さんの中学校時代の「詩」と「読書感想文」が話題になっている。

obokata001

小保方晴子(おぼかた はるこ、1983年 – )さんは、日本の細胞生物学者で理化学研究所発生・再生科学総合研究センター・細胞リプログラミング研究ユニット・ユニットリーダーです。

外から刺激を加えることによって体細胞を初期化し、すべての生体組織と胎盤組織に分化できる多能性を持った細胞(STAP細胞)を作製する方法を世界で初めて開発したことで一躍極光を浴びているが、中学2年生頃にすでに今の状況を予感させる詩を書いていたことが分かった。

「ちいさな王様が教えてくれた 大人になるということ」
松戸市立第六中2年・小保方晴子

私は大人になりたくない。日々感じていることがあるからだ。それは、自分がだんだん小さくなっているということ。もちろん体ではない。夢や心の世界がである。現実を知れば知るほど小さくなっていくのだ。私は、そんな現実から逃げたくて、受け入れられなくて、仕方がなかった。夢を捨ててまで大人になる意味ってなんだろう。そんな問いが頭の中をかすめていた。でも、私は答えを見つけた。小さな王様が教えてくれた。私はこの本をずっとずっと探していたような気がする。

「僕」と私は、似ているなと思った。二人とも、押しつぶされそうな現実から、逃げることも、受け入れることもできずにいた。大人になるという事は、夢を捨て、現実を見つめる事だと思っていた。でも、王様は、こう言った。「おまえは、朝が来ると眠りに落ちて、自分がサラリーマンで一日中、仕事、仕事に追われている夢をみている。そして、夜ベッドに入るとおまえはようやく目を覚まし一晩中、自分の本当の姿に戻れるのだ。よっぽどいいじゃないか、そのほうが」と。私はこの時、夢があるから現実が見られるのだという事を教えられたような気がした。

小さな王様は、人間の本当の姿なのだと思う。本当はみんな王様だったのだと思う。ただ、みんな大人という仮面をかぶり、社会に適応し、現実と戦っていくうちに、忘れてしまったのだと思う。

いつか、小さな王様と「僕」がした、永遠の命の空想ごっこ。私は、永遠の命を持つことは、死よりも恐ろしい事だと思う。生きていることのすばらしさを忘れてしまうと思うからだ。それに、本当の永遠の命とは、自分の血が子供へ、またその子供へと受けつがれていくことだと思う。

王様は、人は死んだら星になり、王様は星から生まれると言っていた。私は、王様は死んでいった人々の夢であり願いであるような気がした。人間は死んだら星になり、王様になり、死んでから永遠がはじまるみたいだった。こっちの永遠は、生き続ける永遠の命より、ずっとステキな事だと思う。

「僕」は王様といっしょにいる時が、夢なのか現実なのかわからない。と言っていたけれど、きっと「僕」は、自分の中の現実の世界に小さな王様を取り入れることによって、つらい現実にゆさぶりをかけ、そこからの離脱を見い出しているのだと思う。

「僕」は王様にあこがれているように見えた。つまり、自分の子供時代に、ということになるだろう。私も、自由奔放で夢を見続けられる王様をうらやましく思う。でも、私はそう思うことが少しくやしかった。なぜなら自分の子供時代を、今の自分よりよいと思うということは、今の自分を否定することになるのではないかと思ったからだ。まだ私は、大人ではない。なのに、今から、自分を否定していては、この先どうなっていってしまうのだろうと思って恐かった。でも、また一方では、「前向きな生き方」や「プラス思考」などというものは、存在しないようにも思えた。

夢には、二面性があると思う。持ち続ける事も大切だが、捨てる事もそれと同じ位大切な事なのだと思う。どちらがいいのかは、わからない。また、私がこの先どちらの道に進むのかも。ただ、言えることは、みんなが夢ばかり追いかけていては、この世は成り立たなくなってしまうということだけなのだと思う。

私は王様の世界より、人間の世界の方がスバラシイこともあると思った。なぜなら、人間には努力で積み重ねていくものがあるからだ。子供のころから培ってきたものは、なに物にも勝る財産だと思うからだ。王様の世界では生まれた時が大人だからそれができない。

絵持ちの家に行ってから消えてしまった王様は、もう「僕」の前には現れないと思う。なぜなら、もう「僕」には王様の存在の必要がなくなったからだ。私と「僕」は答えを見つけた。「夢を捨ててまで大人になる意味」の答えを。それは、「大人になる為に、子供時代や夢がある」ということだ。最後の赤いグミベアーは、さようならのメッセージなのだと思う。

これからは「僕」も私も前を向いて生きていけると思う。王様は、まだ答えの見つからない、王様がいなくて淋しがっている人の所へ行ったのだろう。

私は本の表紙に名前を書いた。王様が教えてくれた事を大人になっても忘れないように。

王様の存在が夢か現実かはわからないが、この本を読む前の私にとっては夢であった。しかし、少なくとも、今の私の心の中で生きている王様は現実だということは紛れもない事実である。

世の中に、ちいさな王様と友達になる人が増えたら明るい未来がやってくる。そう思ってやまないのは私だけではないのであろう。

スポンサードリンク

「風」 小保方晴子

風が吹いている
時には追い風
時には向かい風

時には暖かく
時には冷たく

私は風の中を通り抜ける
風は私の中を通り抜ける

風から私は逃げた
風は私に「逃げるな」と言った

風は「戦え」と言った
私は前を向いて行こうと思った

風がやんだ。

※以下、ウィキペディアより抜粋

[研究に対する反響]

2014年1月、STAP細胞研究に関するニュースは世界各国で大いに取り上げられ、小保方自身も注目を集めた。しかし、日本のマスコミによる報道では、大手新聞であっても、研究室をムーミンのキャラクターで飾っていることや、白衣の代わりに祖母にもらった割烹着を着て実験に臨んでいるといった、彼女が若い女性であることを過度に強調したゴシップ的報道がなされた[12][13]。このような日本のマスコミの姿勢は、ジャーナリストの藤代裕之やイギリス在住ライターの谷本真由美などから批判を受けた。

これに関連し、同年1月31日、研究ユニットでは、真実でない報道や取材による小保方自身や周囲へのプライバシーの侵害があったとし、その対応に追われ研究活動に支障をきたしている旨と報道関係者への理解と自粛を求める声明を発表するなど、急激な注目度の上昇と取材の過熱による混乱があった。

[逸話]

小保方はSTAP細胞について当初、「Princess細胞(P細胞)」という命名を提案していたという。これは、外部刺激が加わえられる事によって多様性を得る様が、王子様にキスされて目覚めるお姫様になぞらえる事が出来ると考えた為だと新聞社へのインタビューで述べている。







-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小保方晴子さんが会見で左手中指にはめていたリングはどこのブランド?

小保方さんの着用していたリングが凄く売れているという。 一体どこのブランドなのだろうか? 新型万能細胞「STAP(スタップ)細胞」作製に成功した理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子さ …

小保方晴子さんが単独でSTAP細胞論文を捏造したという理研の最終報告に違和感

小保方晴子さんが単独で捏造・改ざんしたという何とも納得のいかない結論を出した理研の最終報告書に違和感を覚える。 小保方氏一人に責任を押しつけようとする意図が見え見えの最初に結論ありきの報告会見に何とも …

小保方晴子さんだけが悪いのか?

ノーベル賞級の世紀の大発見と言われてもてはやされたSTAP細胞発見の小保方晴子研究員の論文への不正が見つかり日本の生命科学への信頼が揺らいでいます。 小保方氏の画像の切り貼りなど科学者としてやってはな …

視覚の不思議!青と黒、それとも白と金のドレス?

今、SNSやネット上で論争を呼んでいる視覚の不思議について取り上げてみました。 人によってドレスの色が、「青と黒」あるいは「金と白」に見えるのは何故なのでしょうか? この見え方の差は、単純に目の機能だ …

若田光一さんが地球に帰還

「やっぱり暗黒の宇宙空間に浮かぶ地球を見ていると、  それ自体が一つの大きな命のようで・・・」                      【若田光一】 スポンサードリンク 若田光一さんが地球に帰還 T …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク