気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

エンタメ

佐村河内守氏の作曲だと信じてCDを購入したファンは「返金」を要求できるか?

投稿日:2014年2月11日 更新日:

作曲家の佐村河内守氏は、「現代のベートーベン」と称され人気を博していたが、実は何と作品の多くはゴーストライターによるものだと分かり、音楽ファンのみならず世界中が注目する大スキャンダルに発展。何と、「偽ベートーベン」だったのだ。

テレビの会見を見ていると、暴露した18年間も佐村河内氏の作品を代作してきた作曲家の新垣隆氏(43)は、「作曲(代作)の報酬は700万円前後」「聴力はあった!」など新たな事実を証言した。

佐村河内氏は、何故これほどまでに自作にこだわったのだろうか?

勿論、過去に積み上げてきた名誉など欲に囚われた結果なのだが、それにしても余りにも代償は大きく今後色々な訴訟問題など莫大な損害金を支払わなければならないと噂されている。

中止になったコンサートやCDの返金問題など想像を絶するような訴訟問題に発展する可能性があるようだ。

<以下、HaffPostから引用>

【佐村河内守氏のCDを購入していたファンは「返金」を要求できるか?】

弁護士ドットコム | 執筆者: 弁護士ドットコム編集部
投稿日: 2014年02月10日 12時44分 JST | 更新: 2014年02月10日 12時44分 JST


Ran / Hiroshima Symphony / Fantasy Organ & Orch

両耳に障害を持つ作曲家として知られる佐村河内守(さむらごうち・まもる)さんが、代表作の交響曲などを別人に作ってもらっていたことが明らかになり、騒動となっている。「18年間、ゴーストライターをしていた」と名乗り出た大学講師の新垣隆さんは、2月6日の記者会見で「(佐村河内さんの)耳が聞こえないと感じたことはない」と語り、さらなる衝撃を与えた。

佐村河内さんは、耳が聞こえないにもかかわらず、壮大なクラシック曲を作り出しているということで注目を集めてきた。代表作「交響曲第1番 HIROSHIMA」は、NHKの番組で取り上げられたこともあり、クラシックとしては異例の10万枚を超える大ヒットとなっている。「現代のベートベン」と称える声もあったほどだが、今回の騒動を受けて、レコード会社はCDの出荷を停止した。

これまで佐村河内さん名義で発売されたCDを購入したファンのなかには、「耳が聞こえない佐村河内さんが作曲しているから買った」という人もいるのではないか。おそらく「だまされた!」と憤っていることだろう。では、そんなファンは、レコード会社やCDショップに対して、「CDを返却するから、金を返してくれ」と要求することができるのだろうか。好川久治弁護士に聞いた。

スポンサードリンク

●「全聾の人が作曲した音楽」という点をどれだけ重視したか

「一般論として、CDの購入代金の返金を求めるためには、『音楽CDという商品が、本来備わるべき性能や性質を欠いている。あるいは、商品に欠陥や不具合がある』と主張して、売買契約を解消する必要があります」

好川弁護士はこのように説明する。

「そのための法的根拠としては、(1)契約不履行(履行不能)にもとづく解除(民法543条)、(2)重要事項の不実告知を理由とする取消し(消費者契約法4条1項1号)、(3)『要素の錯誤』を理由とする無効の主張(民法95条)、の3つが考えられます」

では、今回のようなケースで、どれかが認められる可能性はあるのだろうか?

「(1)の『契約不履行にもとづく解除』が認められるためには、『契約の目的が達成できない』と認められる必要があります。

今回のケースにあてはめると、購入者が『全聾の人が作曲した音楽』という点を特に重視し、その特性が備わっているからこそ、音楽そのものの良さとは関係なくCDを購入した、といえるような事情が必要です」

●「一般通常人の感覚」にしたがって判断する

では、(2)重要事項の不実告知を理由とする取消しや(3)錯誤を理由とする無効については、どうだろうか。

「(2)や(3)についても、おおよそ同じような事情が必要といえます。

音楽CDの売買契約を取り消したり、契約が無効だと主張するためには、(a)その音楽CDの内容や性質について、購入者の認識と実際との間に食い違いがあり、(b)もしこの食い違いを知っていれば音楽CDを購入しなかったであろう、といえなければなりません。

この際の判断基準は、実際に購入したファン自身の目線ではなく、一般通常人の感覚となります」

そうなると、結論はどうなるのだろう?

「もし『全聾の作曲家が作った音楽』という点が、単に購入のきっかけにすぎなかったとすれば、ゴーストライターが作った曲だったとしても、『契約目的を達することができない』とはいえないでしょう。また、『事実を知っていたら、一般通常人もCDを購入しなかっただろう』ともいいがたいでしょう。

したがって、そのような場合は、契約を解消して返金を求めることはできない、ということになります」

ここまでの話を聞く限り、返金は簡単には認められなさそうだが、実際にはどうなのだろうか?

「請求が認められるかどうかを判断するためには、個々の事案ごとに具体的な事情を検討していかなければなりません。

具体的な事情としては、CDを購入した動機や目的のほか、特定の作曲家が作曲に関与していたことをどの程度重視したか、作曲家が他人に作曲を丸投げしていたのか、それとも作曲の一部にでも関与していたのか、その関与が作品の内容(リズム、メロディー、ハーモニー)にどのような影響を与えたのか、などといった点があげられます」

つまり、請求が認められるかどうかはケースバイケースで、一概には言えないということだろう。

●「すばらしい楽曲」だからCDを購入したとしたら・・・

「今回の件では、CDを購入した方が、『両耳が聞こえない障害を持つ作曲家が作った楽曲』とか、『TV番組で取り上げられて話題となっている楽曲』といった背景事情に興味や関心を持ったことは容易に想像できます」

このように好川弁護士はCDを購入した人の心理を推測しつつ、次のように付け加えていた。

「ただ、誤解を恐れずに申し上げると、CDを購入した方の多くにとっては、『両耳が聞こえない作曲家の作品だから』という点よりも、むしろ『評判のよい音楽だから』『すばらしい楽曲だから』という点が、購入を決めた一番の動機や目的となっていたのではないでしょうか。

そう考えると、購入者が重視したのは『音楽』そのものであり、『障害をもつ作曲家が作った』という背景事情は附随的なものにすぎません。そうだとすれば、『別人が作った曲』という理由だけでは、契約を解除したり、取り消したり、無効を主張したりして、返金を求めることは難しいのではないかと思います」

(弁護士ドットコム トピックス)

(引用元:http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/09/samuragouchi-mamoru-cd_n_4757589.html?utm_hp_ref=japan)


Ran / Hiroshima Symphony / Fantasy Organ & Orch







-エンタメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

清水富美加、芸能を引退して「幸福の科学」へ出家の真相!

清水富美加、芸能活動中断の背景に『東京喰種』か?「人肉を食べる人種役」に葛藤と宗教団体が説明 The Huffington Post  |  執筆者: 安藤健二 投稿日: 2017年02月12日 17 …

レディー・ガガ、レイプが心のトラウマに・・・心の痛みから解放されるまでの道のり!

歌手のレディー・ガガが19歳の時に20歳以上年上のプロデューサー?にレイプされたことを告白!! 恐ろしいことにアメリカでは人口10万人当たりの強姦の発生件数は37.0で日本の1.2と比べても30倍も多 …

YouTube、年間ランキングを発表 国内再生トップは……

※YouTubeの今年の動画再生回数ランキングをGoogleが発表しました。 どれもアッと驚くパフォーマンスの高さが目につきます。 これは必見です♪ The Huffington Post | 投稿日 …

水樹奈々、1年4ヶ月ぶりのニューアルバムを4月16日に発売!

マルチタレントの水樹奈々ちゃん、可愛いですね♪ ウィキでちょっと調べてみました。 水樹 奈々(みずき なな、1980年1月21日 – )は、日本の女性声優、歌手、ラジオパーソナリティ、ナレ …

モー娘に「モリ娘」加入って?モリ娘って誰だ~?

 モーニング娘。’14に新メンバーが加わり、新ユニットが結成された。 22日、東京・ベルサール渋谷ガーデンで行われたKDDIの「au発表会 2014 Spring」で、お笑いトリオ森三中の大島美幸(3 …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク