気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

健康

健康食材として大人気の「スプラウト」に秘められた凄いパワー♪

投稿日:

健康食材として大人気の「スプラウト」に秘められた凄いパワー♪

皆さんはスプラウトという食材をご存じでしょうか?

癌の予防効果があるとして今ブームになっているスプラウトという野菜について調べてみました。

勿論、野菜自体が人間の健康にとって必要不可欠の食材ですが、中でも何故スプラウトが注目されているのでしょうか?

big_kaiw

スプラウト
http://www.health.ne.jp/library/5000/w5000337.html

■「スプラウト」とはどんなもの?

最近、スーパーなどで見かけるようになった「スプラウト」という野菜をあなたは知っているだろうか。実は、「スプラウト」とは、植物の新芽のこと。見た目の姿はかいわれ大根とそっくりで、ひょろひょろっとしたものを束ねたパックがスーパーなどで売られている。

スプラウトは、テレビや雑誌などでも取り上げられ、人気急上昇の野菜である。どうやらそのヒミツは、成熟した野菜よりはるかに多くのビタミンやミネラルなどの栄養分を含み、体にいい成分がいっぱい詰まっているところにありそうだ!

■人気のヒミツは「がん予防」

がん予防1982年にアメリカ科学アカデミーより『食と栄養とがん』という有名な報告書が提出され、がん予防に期待される食品成分が発表された。その内容は、がん予防には食物繊維をたっぷりとることが必要で、その他ビタミンA、C、Eなどの抗酸化ビタミンやカロチン類なども重要であるというもの。ほかにもイオウ化合物やポリフェノールなどにもがん予防が期待できるそうだ。

この報告書は世界中の研究者に大きな影響を与え、のちにアメリカ国立がん研究所を中心にスタートした「デザイナーフーズ計画(植物性食品によるがん予防)プロジェクト」の支えにもなった。

このプロジェクトが注目したのがアブラナ科の植物。アブラナ科の植物には、発がん性物質の活性化を抑制する可能性があるというのだ。数あるアブラナ科の植物の中でも、最近注目されているのがブロッコリー。ブロッコリーには「スルフォラファン」という成分があり、この前駆物質の配糖体(グルコシノレート)がブロッコリーの新芽「スプラウト」に大量に含まれ、発がん抑制効果が確認されている。

「スプラウトを食べればがんが予防できる」。これが、人気のヒミツだったのだ!

<野菜として食用されているアブラナ科の植物:キャベツ、ブロッコリー、ケール、カリフラワー、芽キャベツ、ダイコン、ハクサイ、カブ、コマツナ、チンゲンサイ、ワサビなど>

■「スルフォラファン」のがん予防作用とは?

スプラウトの成分、スルフォラファンはどのようにしてがんを予防するのだろうか。

<<「スルフォラファン」のがん予防作用>>
スルフォラファンが発がん物質を無毒化
発がん性物質は、大気汚染や化学物質、食物、たばこの煙など数多く存在し、人間は毎日それらを取り込んでいる。取り込まれた発がん性物質が体内の細胞を攻撃し、細胞内の遺伝子に異常を起こす。その傷を受けたDNA細胞が分裂して突然変異のがん細胞が発生する。さらにがん細胞が増殖して周囲の組織を侵していく。こうしてがんが進行していくのだ。

通常ならば、体内にある酵素類の2段階のはたらきを経ることで発がん性物質は解毒され、体外に排出される。それぞれ主に肝臓で作られるフェーズ1(第1相)、フェーズ2(第2相)という酵素だ。フェーズ1酵素が体内に入った発がんの外的因子を分解して発がん物質に変えるというはたらきをするのに対し、フェーズ2酵素は活性化された発がん物質を無毒化するはたらきがある。
このフェーズ2酵素を活性化させるはたらきが「スルフォラファン」にはあり、発がん物質を無毒化して体外へ排出するというのだ。

■スプラウトの成分、スルフォラファンはどのようにしてがんを予防するのだろうか。

発がん性物質は、大気汚染や化学物質、食物、たばこの煙など数多く存在し、人間は毎日それらを取り込んでいる。取り込まれた発がん性物質が体内の細胞を攻撃し、細胞内の遺伝子に異常を起こす。その傷を受けたDNA細胞が分裂して突然変異のがん細胞が発生する。さらにがん細胞が増殖して周囲の組織を侵していく。こうしてがんが進行していくのだ。

通常ならば、体内にある酵素類の2段階のはたらきを経ることで発がん性物質は解毒され、体外に排出される。それぞれ主に肝臓で作られるフェーズ1(第1相)、フェーズ2(第2相)という酵素だ。フェーズ1酵素が体内に入った発がんの外的因子を分解して発がん物質に変えるというはたらきをするのに対し、フェーズ2酵素は活性化された発がん物質を無毒化するはたらきがある。
このフェーズ2酵素を活性化させるはたらきが「スルフォラファン」にはあり、発がん物質を無毒化して体外へ排出するというのだ。

 

スポンサードリンク

 

※以下、ウィキペディアより抜粋

スプラウト(英: Sprout)とは、主に穀類、豆類、野菜の種子を人為的に発芽させた新芽で、発芽した芽と茎を食用とする。モヤシと同義語であり、穀類の新芽作物一般を指す語である。

スプラウトは主にブロッコリーやマスタード、クレス、大根などのアブラナ科の緑黄色野菜や、豆類の種子が使われる。ブロッコリースプラウト、かいわれ大根、ビーンズスプラウトなどと呼ばれる。

発芽野菜、新芽野菜とも呼ばれる。

英単語のsproutに由来するが、英語での意味としては日本語のスプラウトの他に、そもそも芽全般や、芽キャベツを意味する事もある。

[歴史]

スプラウトは古くから食用に栽培されていて、古くは5000年前の古代中国でマメ科のスプラウトであるモヤシが栽培されていたといわれている。そのほか、18世紀後半に南太平洋などをエンデバーで航海したキャプテン・クックは、船上で大麦のスプラウトをつくり、船乗りたちの栄養補助源としたといわれている。また、19世紀英国ビクトリア朝時代にメアリー・ジューリーという料理研究家によってマスタードやクレスのスプラウトを使った料理本が残されていたり、日本の平安貴族たちの食膳にかいわれ大根がのぼっていたとも伝えられ、古くから世界各地で食べられていた。
日本では、1999年に村上農園がブロッコリー、マスタード、クレス、レッドキャベツの新芽を「スプラウト」として日本で初めて発売を開始して以降[要出典]、様々な種類の発芽野菜が一般の家庭で食べられるようになった。

[分類]

育て方や食べる時期によって大きく4つに分類できる。

もやし型(豆型)

暗室のみで育て、緑化させないもの。緑豆もやし、大豆もやし、アルファルファ、フェヌグリークなど

かいわれ型(アブラナ科型)

茎が伸びるまで暗室で育て、その後たっぷり光をあてて緑化させたもの。大根、ブロッコリー、ムラサキキャベツ、マスタード、クレス、豆苗、ソバ、カラシナ、シロガラシなど

その中間型

暗室で発芽後、緑化させたもの。
発芽したてのもの
発芽後すぐに種ごと食べるもの。発芽玄米、リョクトウ、アズキ、ケツルアズキ、レンズマメ、ヒヨコマメなど。
[栄養等]

発芽に伴う代謝の中で、種子のときには存在しなかった成分も新たに合成され、ビタミン、ミネラル、フィトケミカルなどが含まれるローフードや酵素栄養学では「酵素を多く含む食材である」として重視される。

1994年アメリカのジョンズ・ホプキンス医科大学のポール・タラレー教授らによって、発芽3日目のブロッコリーの新芽・ブロッコリースーパースプラウトに含まれるスルフォラファンが強いがん予防効果を持つことが明らかにされた。この研究発表を受けてブロッコリースプラウトがアメリカでブームになった。







-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

丸岡いずみさん うつを乗りこえてわかったオフラインの大切さ「休むことも生きること」

現代病ともいえる鬱病という病を乗り越えて復帰された丸岡いずみさんの記事を見つけたので転載させて頂きます。 今や誰が鬱病に罹っても不思議ではない時代といえます。 私の身近な者も鬱病に罹り、その時の辛い思 …

脳卒中を克服した脳科学者が教えてくれた、”幸せ脳”の作り方

脳卒中について、みなさんはどの程度ご存知でしょうか? 厚生労働省の「脳卒中ってどんな病気?」には、質問形式で以下のように書かれています。 <親> そもそも脳卒中っていうのは、どういう病気なんだい? < …

心と体に良い影響を与える「感謝の気持ち」

ポジティブな感情が体に良い影響を与えるという事実は最近の研究を待つまでもなく皆さんもご存じだと思います。 しかし、私達は漠然とした形で否定や消極的な感情が良くないと思っていても、実生活の中で様々なスト …

Googleがスマート コンタクトレンズを開発!

Googleといえば検索エンジンや最先端技術で有名ですが、なんと医療分野にまで進出しているとは知りませんでした。 時代の最先端を走るGoogleの技術は、コンタクトレンズを介して涙に含まれる成分を分析 …

iPS細胞より簡易な新しい万能細胞作製に成功!

朝日デジタルの最新版で理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子さん率いるグループが、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を超える可能性を秘めた新万能細胞「STAP細胞(刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得細胞)」の …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク