気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

スポーツ

日本、ジャンプ団体銅メダル決定♪<ソチ五輪>長野以来16年ぶりの快挙!

投稿日:

日本ジャンプ陣のみならず、世界中から注目されていた41歳の葛西選手。
葛西の超人伝説は4年後に続きます。

ついに「伝説の銀」を獲得した葛西選手は、4年後への挑戦を宣言!

美しく力強い大ジャンプで、葛西が歴史にその名を刻んだ。
銀メダルが決まると、日の丸を掲げ、ピースサインで手を振った。

「もうちょっとで、金に届きそうだったが、うれしい半分、いや、6-4くらいでちょっと悔しいですね」

「(心臓が)バクバクしていた。ちょっとニコッとして、上半身の力を抜くためにやりました」

助走直前が一番緊張したという葛西選手、緊張を解きほぐす為に口元を動かしてリラックスさせたのだった。

ほほ笑んでリラックスすると、一気に滑走しなんと139メートルの飛距離を出し2位につけた。

2回目は133.5メートル。

飛距離では最後に飛んだカミル・ストッホ(26)<ポーランド>を1メートル上回ったが、残念ながら合計得点では1.3点及ばなかった。逆転された葛西はスキー板を雪面に突き刺して悔しがったが、41歳254日でのメダル獲得は冬季五輪日本選手最年長だ。これは凄いことなのだ。悔しい気持ちは分かるが、超人伝説を新たに作った葛西選手を温かい拍手を持ってこの結果を受け入れたいものだ。

「生きる伝説」と称され、海外のメディアも注目し尊敬する葛西選手の今後に期待したい。

さて、続く男子団体ジャンプの結果は?

<以下、産経新聞より抜粋>

【ソチ五輪】日本、ジャンプ団体は銅! 長野以来16年ぶりメダル獲得

産経新聞 2月18日(火)4時9分配信

ジャンプ団体 銅メダルを獲得 <清水礼留飛、竹内択、伊東大貴、葛西紀明>(ソチ五輪)

ノルディックスキー・ジャンプ男子団体ラージヒル(LH)は日本時間18日未明に行われ、日本は合計1024・9点を挙げ、銅メダルを獲得した。日本のジャンプ団体のメダルは1998年長野五輪の金以来16年ぶり。優勝はドイツ、2位はオーストリアだった。日本は2回目の3人目を終え3位に付け、最後に個人LH銀メダルの葛西紀明(土屋ホーム)が飛んだが、逆転はならなかった。

日本は2回目に入り、清水礼留飛(雪印メグミルク)が131・5メートルを飛び132・6点、竹内択(北野建設)は130・0メートルで120・5点。伊東大貴(雪印メグミルク)は132・0メートルの127・0点、最後に飛んだ葛西は134・0メートルで137・3点だった。

団体は1カ国4人で2回ずつ飛ぶ。1回目の上位8カ国が2回目に進み、8回の合計点で争われる。日本は1回目3位だった。







-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

パラリンクックのコマーシャルが教えてくれる人間の尊厳!

間もなく始まるソチ冬季パラリンピック。3月7日に開幕されるが、いよいよ日本選手団6人がソチに向けて成田空港から出発した。 <参照元:http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30& …

スノーボード 竹内智香が銀メダル♪実家は旭川旭岳温泉 湯元 「湧駒荘」(ゆこまんそう)

ソチオリンピックで旭川出身の竹内智香選手が今大会女子では初となるメダルを獲得しました。 http://tinyurl.com/nvmsd4j 決勝では、ランキング1位でスイスのパトリツィア・クンマー選 …

なぜ、ユニフォームの内側に広告? FCバルセロナとインテルがスポンサー契約

なかなか面白い広告ですね。 ちょっと考えつかないような発想の中から、素晴らしいアイデアが生まれます。 さて、この広告の効果は・・・? The Huffington Post | 投稿日: 2013年1 …

栃ノ心の出身国ジョージアってどこ?

栃ノ心が初優勝 ジョージア出身力士として初めて 春日野部屋所属の力士の優勝は46年ぶり 栃ノ心が初優勝、平幕では6年ぶり ジョージア出身  大相撲初場所(東京・国技館)14日目の27日、西前頭3枚目の …

マー君、名門ヤンキース入り決定!7年161億円の大型契約に!

新しいポスティングシステムでメジャーへの移籍を目指していた楽天の田中将大投手(25歳)がついにヤンキースを選んだ。 7年総額1億5,500万ドル(約163億円)の契約で合意に達したと、アメリカのESP …

カテゴリー

スポンサーリンク


PageRank Checker
スポンサードリンク