気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

海外

ダライ・ラマ14世の中国語サイトがハッキング、訪問者もウィルスに感染!

投稿日:

チベットの最高指導者ダライ・ラマ14世の中国語サイトが攻撃にさらされているというニュースが飛び込んできた。

今さら・・・という感じがない訳ではないが、今までも主要な反政府活動家や中国に対する反国家的な人物に対して徹底的な人権侵害を行ってきたような国家が中国では無かったのか?

確かに、中国ほど多くの多民族・多種多様な人種が集まり13億5000万人の人口を抱える国家をまとめ上げる政府の政権運営は考えるに余りあるものがあるのは確かだ。

インドが中国の人口を抜いたという統計もあるようだ。

しかし、中国といっても多少なりとも民主的な国家に変わり始めたのはつい最近のことなのだ。

盗聴や傍聴活動などはどの国家でも行われていることだが、特にチベット問題に対する中国の介入は余りにも強権的過ぎるものだあるのだ。

以下、ロイターワールドニュースより転載。

■ダライ・ラマの中国語サイトに不正侵入、人権活動家の情報収集か
<参照元:http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE97C03C20130813?rpc=122>

ダライ・ラマの中国語サイトに不正侵入、人権活動家の情報収集か
<写真:http://jp.reuters.com/news/pictures/articleslideshow?articleId=JPTYE97C03C20130813&channelName=topNews#a=1>

[ボストン 12日 ロイター] – コンピューターセキュリティー会社カスペルスキー・ラボは12日、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の中国語サイトがハッキングされており、同サイト訪問者はウイルスに感染していると警告した。

スポンサードリンク

同社のリサーチャー、カート・バウムガートナー氏はロイターに対し、チベット亡命政権である中央チベット政権 (CTA)の中国語サイトへの訪問は避けるようネット利用者に警告していると説明。ハッカーの目的は、同サイトを頻繁に訪れる人権活動家に対するスパイ行為である可能性があるとしている。

また、技術的な証拠から、ハッカーは以前にも同サイトに侵入したほか、アジアで人権活動に注力する複数の団体にも攻撃を仕掛けていた形跡があるという。







-海外

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

朴大統領のイメージとは?中国・日本・北朝鮮3ケ国のキーワード―中国ネット

中国新華社のネットによる調査では、韓国における朴大統領の支持率が大幅にアップしているという。 特に日本に対する強硬な外交姿勢が支持率をアップさせた原因らしい。 中国に友好的な態度や日本に対する従軍慰安 …

「世界一醜い!」と蔑まれた女性の美しい話

「世界一醜い」と蔑まれたテキサス州に住む24歳のリジー・ベラスケスさんは、「人間は外見ではなく目指す目標や成果によって自分自身の価値を決めるものだ」という。 その心境に至るまでの周囲の協力や心の変遷が …

失われつつあるアメリカンドリーム!

ハフィントンポストに掲載された山田敏夫氏の記事から転載させていただきます。 ニューヨークに住む友人から毎週メールを貰いますが、これほど物価が高いとは知りませんでした。 地域格差や富めるものと貧困者の格 …

子ども兵士が倍増、児童斬首の被害も 中央アフリカの内乱

恐ろしいことに、子供達が戦争に駆り出されたり戦争の被害者になるという現実は残念ながら内紛が続く中央アフリカだけの出来ごとではないようだ。 アフガニスタンやイスラム過激派の中にも子供達が戦争に駆り出され …

“世界一貧しい大統領”が語った、「本当の貧しさ」とは?

「無限の消費と発展を求める社会は、人々を、地球を疲弊させる。発展は幸福のためになされなければならない」 ちょっと古い記事ですが、「世界でもっとも貧しい大統領」として知られるウルグアイのムヒカ大統領が、 …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク