気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

ニュース

『いい子どもが育つ』都道府県ランキング発表!

投稿日:

『いい子どもが育つ』都道府県ランキング 1位は?と題して「良い子供のランキング」が発表されました。

子供さんを持つ親御さんには非常に気になる記事なのでしょうね。

どうも、この手のランキング付けには嫌悪感を覚えてしまいますが、不思議と気になり思わずクリックしてしまうものですよね^^;

大体、「良い子供」の基準って何なのでしょうか?

「良い子供」の定義が難しいのは勿論ですが、恣意的な設問の仕方で大きく内容が変わってしまうことがあります。

このランキングは、文部科学省の「平成25年度全国学力・学習状況調査」を元に、学力以外の「子どもの育ちの質」について総合的に評価したもの・・・ということですが、総合評価第1位が秋田県だということです。

さて、今回の『いい子どもが育つ』都道府県ランキングの結果を皆さんはどう評価するのでしょうか?

以下、The Huffignton Postの記事を転載させて頂きます。

 

スポンサードリンク

 

 

『いい子どもが育つ』都道府県ランキング 1位は?

The Huffignton Post  |  投稿日: 2014年04月05日 17時15分 JST  |  更新: 2014年04月05日 20時57分 JST

子供a0002_008612

共立総合研究所は4月2日、「いい子どもが育つ」都道府県ランキングを発表した。総合評価は、秋田県が1位となり、2位・宮崎県、3位・山梨県と続いた。

このランキングは、文部科学省の「平成25年度全国学力・学習状況調査」を元に、学力以外の「子どもの育ちの質」について総合的に評価したもの。児童へ生活習慣や学習環境等に関する内容を聞いた質問紙調査のなかから、「朝食を毎日食べていますか」、「難しいことでも失敗を恐れないで挑戦していますか」など、「子どもの資質や成育環境として望ましい・望ましくないという判断が可能」な46設問を抽出。各設問について、一般常識に照らして最も望ましいと思われる回答の割合を、都道府県別に偏差値化した。

総合ランキング1位の秋田県は、46設問中20問で評点がトップとなり、32問でトップ5に入った。また、2位となった宮崎県も12問で評点がトップとなった。

kids

ランキングでは、46問を「生活習慣」、「意志・人格」、「家庭」、「テレビ・ゲーム・メール等」、「コミュニケーション能力」など11に分け、分野別の順位も公表。「家庭」では、東北、北関東、中国、九州南部が高く、「コミュニケーション能力」は、東北北部、北関東、北陸、中国で高い傾向がみられた。

「家庭」
kids

「コミュニケーション能力」
kids

また、「いい子どもが育つ」都道府県ランキングの評価結果と、「全国学力・学習状況調査」の学力調査結果を比較した結果、「毎日、同じくらいの時刻に起きている」「難しいことでも、失敗を恐れないで挑戦している」など9つの設問で、正の相関関係が見られた。

kids







-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「日本人の柔軟性と非柔軟性」 – 日本華字紙・中文導報掲載(Yahoo!ニュースより)

Record China 11月26日(火)0時44分配信 日本人は頭が固い、それは日本人の聡明さの裏返し―華字紙 2013年11月23日、日本華字紙・中文導報は「日本人の柔軟性と非柔軟性」と題した記 …

栃ノ心の出身国ジョージアってどこ?

栃ノ心が初優勝 ジョージア出身力士として初めて 春日野部屋所属の力士の優勝は46年ぶり 栃ノ心が初優勝、平幕では6年ぶり ジョージア出身  大相撲初場所(東京・国技館)14日目の27日、西前頭3枚目の …

靖国参拝、安倍首相のFACEBOOKへの投稿と海外の反応

※安倍首相の靖国参拝が波紋を広げています。 A級戦犯を祀った靖国神社への参拝に反発と強硬姿勢を強める中国と韓国に対して日本と中国・韓国の亀裂が自国の安全保障に影響を及ぼすと心配するアメリカを始めとする …

トランプ大統領はサイコパスか・・・?

トランプ大統領が就任して様々な物議をかもしていますが、精神疾患を疑う脳科学者もいるようです。 今までの言動を顧みると、サイコパスの症状が顕著であるということが分かります。 2017/2/8付の「文春オ …

松居一代、週刊文春にだまされた ノーカット版

何ともお粗末な・・・恐ろしい話です。女性の恨みというものは・・・これは真実の恐ろしい物語です。 松居一代、週刊文春にだまされた ノーカット版 <ユーチューブより> <以下、HaffPostより抜粋> …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク