自己暗示で最も効果的な方法とは?

公開日: : 健康

Facebook にシェア
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

セルフモチベーションを上げる方法として色々な手法が考えられています。

今日はその中から「やる気を出す」ための最新の手法についてHaffPostからご紹介します。

◆仕事のモチベーションを上げる6つの方法

1.尊敬できる人を見つける
2.できるだけ細かく目標を立てる
3.積極的に発言する
4.友人と仕事の話をする
5.上司にアドバイスを求める
6.新たなスキルを身に付ける

上記の方法は、仕事におけるセルフモチベーションの上げかたですが、今日ご紹介する方法は最も簡単で最も効果的な手法といえるでしょう。

何か心配事や疲れなどでやる気が出ない時に、鏡に向かって自分にこう言い聞かせてみると絶大な効果が得られます。

「おまえは出来る」

たったこれだけの簡単なの言葉を自分自身に向かって言い聞かせるのです。

多分、皆さんは信じられないかもしれませんね。
しかし、これは研究成果が実証している最も効果的な方法なのです。

スポンサードリンク

 

やる気を出すための一番かんたんな方法(研究結果)

投稿日: 更新: 
SELF MOTIVATION

お前ならできる!」あるいは、「あなたならできる!」

気持ちを奮い立たせたい時は、自分に対してそう声をかけよう。そのほうが、「はできる!」よりも効果があるのだという。

何らかの行動を起こすときには、自分に「あなた」や「お前」と呼びかけ、アドバイスを与えたりやる気を出させようとしたりしたほうが、「私」や「自分」を使って言い聞かせるよりもパフォーマンスが向上することが、最新の研究から明らかになった。

この研究で、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究者サンダ・ドルコス博士と同大学のドロレス・アルバラシン教授は、143名の学部生を対象に、一連のアナグラム・パズル(単語や文の中の文字を入れ替えて、違う意味の言葉を作り出すパズル)を解かせた。そして、パズルを解く前に、自分に対するアドバイスを書き出すよう依頼した。

その際、学生の半数には「私」「自分」という呼びかけで、残りの半数には「あなた」「お前」という呼びかけで書くよう指示を出した。

その結果、「あなた」や「お前」という呼びかけを使った学生のほうが、解いた問題数が多く、パズルに関してより前向きな姿勢を持ったのだという。

研究者らはさらに、135人の学生を対象に、今後2週間は普段より運動量を増やすことを自らに言い聞かせるよう依頼した。この場合も、「あなた」や「お前」と呼びかけた学生グループのほうが、「私」と呼びかけたグループに比べて、自分に課したタスクに関してより前向きな姿勢を持ち、運動量を増やすための計画まで立てたと報告されている。

「驚くことではありません。以前の研究から、高い自制心や行動力が求められる状況において、人は無意識のうちに、自分に“お前”と呼びかけることがわかっています。また、否定的な出来事の後の状況でもそうです」。ドルコス教授は、米ハフポストに寄せたメールでそう述べている。

「人は、“あなた”や“お前”という呼びかけとともに、アドバイスをあげたりもらったりすることに慣れています。 行動の前に自分を奮い立たせる時は、“あなた”や“お前”という呼びかけを好むようなのです」と、ドルコス教授は述べている。「“あなた”を使って自分に助言を与えると、より幅広い視野に立つことができます。大切な人が自分の行動をどう見るか考えるようになったり、他人からこれまでに得てきた励ましなどを再び思い出したりします」

ところで、研究者らはなぜ、自らへ言い聞かせる手段として、口頭ではなく、記述を選んだのだろうか。

「セラピー治療では以前から、自らと会話をする手段として、記述が取り入れられてきました」と、ドロレス教授はメールで説明してくれた。「しかし今後は、より踏み込んだ研究を行ない、書き記す方法と、心の中で語りかける方法の、どちらが自分自身に対してアドバイスを与えるときにより役立つのかを見極める必要があると思っています。その効果はおそらく、環境によっても違い、個人の好みでも違ってくるでしょう」

この研究は、2014年6月23日に「European Journal of Social Psychology」(ヨーロッパの社会心理学学術誌)に掲載された。

[Jacqueline Howard(English) 日本語版:遠藤康子/ガリレオ]

関連記事

吉野家の牛丼は体に悪い・・・!?

吉野家のH.Pにも掲載されていますが、なんと安全を証明するために3か月間も吉野家の牛丼を食べ続けると

記事を読む

100歳以上のお婆ちゃん5人に聞いた長寿の秘訣♪

長生きする秘訣とは? 私たちは、古来より不老長寿の秘薬を求めて様々な研究や治療を続けてきました

記事を読む

「ロイズアールショコラ」と「ロイズポップ」にプラスチック片-4万個回収!!

ロイズのチョコレートが大好きな私にはショッキングな事件です。 「ロイズアールショコラ」と「ロイ

記事を読む

健康食材として大人気の「スプラウト」に秘められた凄いパワー♪

健康食材として大人気の「スプラウト」に秘められた凄いパワー♪ 皆さんはスプラウトという食材をご

記事を読む

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと 子どもを持たないのは我がまま?

記事を読む

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方法をhuffingtonpos

記事を読む

iPS細胞より簡易な新しい万能細胞作製に成功!

朝日デジタルの最新版で理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子さん率いるグループが、人工多能性幹細胞(i

記事を読む

「赤ちゃんを一分以内に眠らせる方法」・・・と、その検証動画

HAFFPOSTで紹介された動画です。下の検証動画も見て下さいね!(必見です♪) ティッシュ1

記事を読む

もうすぐ「激老けする人」の特徴

若々しく美しいお肌を保つために、あなたはどんなお手入れをしていますか? 女性にお肌の手入れは欠

記事を読む

トランプ大統領はサイコパスか・・・?

トランプ大統領が就任して様々な物議をかもしていますが、精神疾患を疑う脳科学者もいるようです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フィギュアスケート※ショートプログラム歴代最低の3点【動画】

スポーツはやっぱり楽しむことが一番ですね! 何と言われようと自分が楽

転ばないように歩くコツは?

日本列島が異常気象に見舞われ、2月に入り関東甲信地方でも大雪の恐れがあ

栃ノ心の出身国ジョージアってどこ?

栃ノ心が初優勝 ジョージア出身力士として初めて 春日野部屋所

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

→もっと見る

  • PageRank Checker
  • スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑