世界の自殺者が「年間80万人超」WHO報告

公開日: : 最終更新日:2015/03/12 ニュース, 健康

Facebook にシェア
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

2012年の統計ですが、世界の自殺者が年間80万人を超えたというWHOの報告にショックを受けています。

中でもインドが突出しており25万8千人、続く中国が12万人、米国4万3千人、ロシア3万2千人、日本は5番目に自殺者数が多く2万9442人です。

各国の自殺者の事情はそれぞれ異なりますが、日本でも自殺者数は年間3万人を目前にしており対策が急がれております。

「心理学総合案内」の自殺予防について!
http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news/jisatu/2003/soudan1.html

一部抜粋させて頂きます。

スポンサードリンク

★死にたい人の話を聴こう★

 深い悩みを持っている人にとって必要なことは、話を聴くことです。
 死にたいなんていわれたら、誰でも不安になりますが、それでも、「どうしたの?」と話を聴きましょう。

説教する前に、相手の言葉に、相手の心に耳を傾け、話を聴きましょう。

 死にたいと言ってきた人の自殺を予防するためには、まず、ともかく、話を聴きましょう。

 そんな話を聴くことは、楽しいことではありません。楽なことではありません。話を聴く方も辛い作業です。でもそれが、自殺予防のためには必要です。
 死にたいと思うほどの苦しみ、辛さ、悲しみ、悔しさ、恨み、怒り。話さないままで死んじゃうなんて、そんなことしないで、どうか話してくださいと。
 話を聴いてくもらうことは、私たちが想像している以上に、大きな力になります。

話を聴いてもらい、共感してくれることは、生きる意欲につながっていきます。うん、辛いよね。うん、うん、悲しいよねと。

 そんな気の弱い話を聴いていると、説教したくなる人もいるでしょう。でもまず、話を聴いてください。お説教や、感動的な話は、また後で、その人の心がもう少し強くなって、話が聴ける状態になってからでも、遅くありません。
 話を聴いてください。正論によって会話を終わりにさせないで、会話を続けてください。
 ともかく会話を続けましょう。会話している間は、自殺できません。
「また電話してください」「また明日話してね」「約束だよ、もっと話を聞かせてね」
 話を聴き、共感することが、生きる意欲につながり、自殺予防につながります。また、ともかく会話を続けることで、自殺を先延ばしにできます。どんな理由でも良いから、とにかく自殺を先に延ばせれば、その間に弱った心がしだいに回復します。そうなれば、苦しい現実が何も変わらないときでも、死のうとはしなくなります。

だから、話を聴きましょう。
>>カウンセリングマインド:」

——————————————————

※以下、9月10日の「世界自殺予防デー」を前に発表された統計をHaffPostから転載させて頂きます。

スポンサードリンク

 

世界の自殺者「年間80万人超」WHO報告 最多はインド、日本は平均上回る

投稿日: 更新:
 9月10日の「世界自殺予防デー」を前に、世界保険機関(WHO)は4日、2012年に、世界では約40秒ごとに1人となる推定80万人以上が自殺したと発表した。初めてとなる自殺防止に関する報告書で、各国に自殺予防の取り組みを強化するように求めている

報告書によると、12年の自殺者が10万人を超えた国は11カ国。最多のインドをはじめ、中国、日本、韓国などが含まれたという。

12年に自殺者数が1万人を超えている国は、25万8075人のインドを筆頭に、中国(12万730人)、米国(4万3361人)、ロシア(3万1997人)、日本(2万9442人)、韓国(1万7908人)、パキスタン(1万3377人)など11カ国あった。

(朝日新聞デジタル「世界の自殺者80万人超え 最多はインド、WHO報告」より 2014/09/04 20:53)

10万人当たりの自殺者の割合が最も高かったのは、南米のガイアナが44.2人、次いで北朝鮮の38.5人。日本は18.5人で世界平均の1.6倍。高所得国の人口10万人当たりの人数ではワースト4位だった。

以下の地図で赤く塗られた国では、10万人あたり15人以上が自殺している。

who

報告書によると、中・低所得国の自殺者が全体の約75.5%を占めたという。

who

自殺者の割合は、70歳以上の世代が最も高いが、若者の自殺も増えており、15〜29歳の死因の第2位になっている

関連記事

池上彰さんに聞く「未来のつくりかた」「足るを知り、やり直せる社会にしよう」

Huff Post から「足るを知り、やり直せる社会にしよう」池上彰さんに聞く「未来のつくりかた」と

記事を読む

「ミッフィー」作者、ディック・ブルーナさん死去 世界で愛された『ちいさなうさこちゃん』

世界的な人気キャラクター「ミッフィー」の生みの親であるオランダの作家ディック・ブルーナ氏が亡くなられ

記事を読む

もうすぐ「激老けする人」の特徴

若々しく美しいお肌を保つために、あなたはどんなお手入れをしていますか? 女性にお肌の手入れは欠

記事を読む

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと 子どもを持たないのは我がまま?

記事を読む

病める韓国社会の実相!『帝国の慰安婦』刑事訴訟に勝訴した理由!

韓国のハフィントンポストに掲載された「帝国の慰安婦」の作者 朴 裕河 パク・ユハ 韓国・世宗大教授の

記事を読む

100歳以上のお婆ちゃん5人に聞いた長寿の秘訣♪

長生きする秘訣とは? 私たちは、古来より不老長寿の秘薬を求めて様々な研究や治療を続けてきました

記事を読む

中国-百度(バイドゥ)のIME、中国製の日本語入力ソフトが入力情報を無断送信!

※中国のパソコンソフトは危険が一杯!ということは、皆さんご存じだと思います。 何でもコピーして

記事を読む

カラコンでトラブルが増加 / 粗悪品が出回る

若者の間でカラーコンタクトレンズが急速に普及しているといいます。 インターネットで安価に簡単に手に

記事を読む

松居一代、週刊文春にだまされた ノーカット版

何ともお粗末な・・・恐ろしい話です。女性の恨みというものは・・・これは真実の恐ろしい物語です。 松

記事を読む

日本の子供の幸福度 総合6位 貧困率は深刻化!

※2013/12/25付けの朝日デジタルによると、ユニセフ(国連児童基金)と国立社会保障・人口問題研

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

フィギュアスケート※ショートプログラム歴代最低の3点【動画】

スポーツはやっぱり楽しむことが一番ですね! 何と言われようと自分が楽

転ばないように歩くコツは?

日本列島が異常気象に見舞われ、2月に入り関東甲信地方でも大雪の恐れがあ

栃ノ心の出身国ジョージアってどこ?

栃ノ心が初優勝 ジョージア出身力士として初めて 春日野部屋所

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

→もっと見る

  • PageRank Checker
  • スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑