気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

ニュース 健康

世界の自殺者が「年間80万人超」WHO報告

投稿日:2014年9月7日 更新日:

2012年の統計ですが、世界の自殺者が年間80万人を超えたというWHOの報告にショックを受けています。

中でもインドが突出しており25万8千人、続く中国が12万人、米国4万3千人、ロシア3万2千人、日本は5番目に自殺者数が多く2万9442人です。

各国の自殺者の事情はそれぞれ異なりますが、日本でも自殺者数は年間3万人を目前にしており対策が急がれております。

「心理学総合案内」の自殺予防について!
http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news/jisatu/2003/soudan1.html

一部抜粋させて頂きます。

スポンサードリンク

★死にたい人の話を聴こう★

 深い悩みを持っている人にとって必要なことは、話を聴くことです。
 死にたいなんていわれたら、誰でも不安になりますが、それでも、「どうしたの?」と話を聴きましょう。

説教する前に、相手の言葉に、相手の心に耳を傾け、話を聴きましょう。

 死にたいと言ってきた人の自殺を予防するためには、まず、ともかく、話を聴きましょう。

 そんな話を聴くことは、楽しいことではありません。楽なことではありません。話を聴く方も辛い作業です。でもそれが、自殺予防のためには必要です。
 死にたいと思うほどの苦しみ、辛さ、悲しみ、悔しさ、恨み、怒り。話さないままで死んじゃうなんて、そんなことしないで、どうか話してくださいと。
 話を聴いてくもらうことは、私たちが想像している以上に、大きな力になります。

話を聴いてもらい、共感してくれることは、生きる意欲につながっていきます。うん、辛いよね。うん、うん、悲しいよねと。

 そんな気の弱い話を聴いていると、説教したくなる人もいるでしょう。でもまず、話を聴いてください。お説教や、感動的な話は、また後で、その人の心がもう少し強くなって、話が聴ける状態になってからでも、遅くありません。
 話を聴いてください。正論によって会話を終わりにさせないで、会話を続けてください。
 ともかく会話を続けましょう。会話している間は、自殺できません。
「また電話してください」「また明日話してね」「約束だよ、もっと話を聞かせてね」
 話を聴き、共感することが、生きる意欲につながり、自殺予防につながります。また、ともかく会話を続けることで、自殺を先延ばしにできます。どんな理由でも良いから、とにかく自殺を先に延ばせれば、その間に弱った心がしだいに回復します。そうなれば、苦しい現実が何も変わらないときでも、死のうとはしなくなります。

だから、話を聴きましょう。
>>カウンセリングマインド:」

——————————————————

※以下、9月10日の「世界自殺予防デー」を前に発表された統計をHaffPostから転載させて頂きます。

スポンサードリンク

 

世界の自殺者「年間80万人超」WHO報告 最多はインド、日本は平均上回る

投稿日: 更新:
 9月10日の「世界自殺予防デー」を前に、世界保険機関(WHO)は4日、2012年に、世界では約40秒ごとに1人となる推定80万人以上が自殺したと発表した。初めてとなる自殺防止に関する報告書で、各国に自殺予防の取り組みを強化するように求めている

報告書によると、12年の自殺者が10万人を超えた国は11カ国。最多のインドをはじめ、中国、日本、韓国などが含まれたという。

12年に自殺者数が1万人を超えている国は、25万8075人のインドを筆頭に、中国(12万730人)、米国(4万3361人)、ロシア(3万1997人)、日本(2万9442人)、韓国(1万7908人)、パキスタン(1万3377人)など11カ国あった。

(朝日新聞デジタル「世界の自殺者80万人超え 最多はインド、WHO報告」より 2014/09/04 20:53)

10万人当たりの自殺者の割合が最も高かったのは、南米のガイアナが44.2人、次いで北朝鮮の38.5人。日本は18.5人で世界平均の1.6倍。高所得国の人口10万人当たりの人数ではワースト4位だった。

以下の地図で赤く塗られた国では、10万人あたり15人以上が自殺している。

who

報告書によると、中・低所得国の自殺者が全体の約75.5%を占めたという。

who

自殺者の割合は、70歳以上の世代が最も高いが、若者の自殺も増えており、15〜29歳の死因の第2位になっている







-ニュース, 健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

樹状細胞は癌細胞に目印を付け、癌の抗原情報を免疫細胞に伝える司令塔!

樹状細胞が注目されています。 私たちの健康に非常に重要な役割を持つ樹状細胞について調べてみました。 特に、樹状細胞は癌細胞に目印を付け、癌の抗原情報を免疫細胞に伝える重要な役割を担っています。 樹状突 …

「韓国人は永遠に許さない!」中国版ツイッターに書き込まれた批判

日本人と韓国人や中国人の価値観というものは全く違うようだ。 ネットユーザーの書き込みを色々と見てみると、どうも韓国人が最も過去の辛い経験や出来事を根に持つ人種のように思えてくる。 それぞれの国家が歩ん …

「医療過誤訴訟」はなぜ難しい? 患者側の勝訴率わずか2割

医療過誤の訴訟は非常に難しいということは皆さんもご存じですよね。 私自身も数年前のことですが、突然激しい腹痛に襲われて夜間救急に運ばれたことがあります。 運ばれたとはいっても、正確には時折襲ってくる激 …

不公平さを感じたとき、脳は身体的苦痛と同じ反応をする

今日は、「公平」や「不平等」についての記事をご紹介します。 Wikiによると「公平」とは次のように定義づけされています。 公平(こうへい)は、「公に平等」、すなわち、一部だけに手厚くしない、偏らないと …

Googleがスマート コンタクトレンズを開発!

Googleといえば検索エンジンや最先端技術で有名ですが、なんと医療分野にまで進出しているとは知りませんでした。 時代の最先端を走るGoogleの技術は、コンタクトレンズを介して涙に含まれる成分を分析 …

カテゴリー

スポンサーリンク


PageRank Checker
スポンサードリンク