もうすぐ「激老けする人」の特徴

公開日: : 最終更新日:2015/03/12 健康

Facebook にシェア
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

若々しく美しいお肌を保つために、あなたはどんなお手入れをしていますか?

女性にお肌の手入れは欠かせませんが、マッサージのやり過ぎは逆効果という驚きのレポートがHaffPostに掲載されました。

まずは、「真皮を構成する成分」とは何なのか調べてみました。

真皮を構成する成分

コラーゲン

(膠原線維の主成分)

繊維状の構造を作る性質を持ったタンパク質の一種。真皮の主成分で、膠(にかわ)質(ゼラチン状)の性質があります。皮膚の弾力やハリを保ち、水分を逃がさない働きを持っています。紫外線や加齢などで減少します。
エラスチン

(弾力線維の主成分)

繊維状の成分でタンパク質の一種。真皮内でコラーゲン繊維をつなぎとめる役割をしています。比較的細かく短い、弾力のある線維からできているため、弾力線維と呼ばれます。真皮の約5%を占めていますが、加齢とともに減少します。
ヒアルロン酸

(基質の主成分)

優れた保湿機能を持つゼリー状の組織。皮膚の水分を保つ働きがあり、その保湿力は、ヒアルロン酸1グラムで水分6リットルを抱え込むことができると言われています。赤ちゃんの肌がしっとりして弾力があるのは、このヒアルロン酸がたっぷりとあるためです。年齢とともに減少します。

※以下、HaffPostからの抜粋です♪

スポンサードリンク

見た目年齢を10歳もあげてしまう?もうすぐ「激老けする人」の特徴

投稿日: 更新:
2015-01-08-s.jpg
見た目年齢を10歳はあげてしまう「顔のたるみ」や「お肌のハリ不足」。このたるみやハリ不足の大きな原因の1つが、お肌の「真皮層の劣化」です。ここでは、老け顔の原因となる真皮層の劣化と、真皮層の劣化をまねく「ありがちなNGケア」について解説します。

■真皮層の特徴
お肌には一番外側にある「表皮」、その下の「真皮」、真皮の下に存在する「皮下組織」(皮下脂肪)の3層があります。

真皮層は厚さは表皮の約10倍くらいあり、皮膚の大部分を占めています。この真皮層の約70%はコラーゲン(膠原線維)からできており、エラスチン(弾性線維)と共にネット状の層を形成しています。

このコラーゲンとエラスチンによるネットの間には水分をたっぷりと含んだヒアルロン酸などが存在し、お肌のハリや弾力を与えています。

表皮は、ご存じの通り1カ月程度でターンオーバーします。しかし真皮層は早くて2~3年かけて新陳代謝するので、一度受けた真皮層へのダメージはすぐに対処をしても数年は回復しません。

■真皮層を劣化させる原因
小顔ブームが定着し、たるみやむくみ対策を行っている方は多いのではないでしょうか。しかし、なかには真皮層の劣化に繋がる間違ったものが数多く存在します。

(1)強すぎるマッサージ

「たるみにはマッサージが効く」「マッサージで小顔になる」といったイメージを持っている方は多いと思います。実際に顔をマッサージすると肩などと同様にスッキリし、むくみが取れて引き締まったような気がしますよね。

しかし、このマッサージが真皮層を劣化させる強烈なパワーを持っているのをご存じでしょうか。

上述の通り真皮層のコラーゲンやエラスチンはネット上に繊維を構成していますが、この繊維は壊れやすく、強すぎるマッサージによって簡単に切れてしまいます。

日本人は特に「痛いくらいが気持ち良い」という人が多く、強いマッサージをやりがちです。小顔マッサージやリンパマッサージなど、痛気持ちいい」マッサージをやっている人は今すぐ止めるようにしてください。

(2)強すぎるパッティング

マッサージと同様に、よくありがちなのが強すぎるパッティングです。「血行促進」のために、洗顔時や化粧水をつける時に強くパッティングをしている方を多く見掛けます。強いパッティングはマッサージ同様に真皮層のコラーゲンやエラスチンの繊維を切ってしまいます。

これらの間違ったケアは真皮層のみならず、顔の筋肉や毛細血管にもダメージを与えます。

顔の筋肉は、身体とは全く違う特徴があります。骨と骨を結び収縮させるような身体の骨格筋と違い、とてもデリケート。強いマッサージを行うと、簡単にダメージを受けてしまいます。毛細血管も、強い刺激を受けると簡単に壊れ、見えない炎症を起こして肝斑などシミの原因になります。

■正しい顔のたるみケアとは
以上のように顔のお肌や筋肉、血管は壊れやすくダメージを受けやすいので「守りのケア」をしっかり行うことと、「攻めのケア」はとにかく優しくするのが重要です。

たるみを予防する守りのケア

たるみを予防する上で重要なのは、紫外線対策と活性酸素対策です。ご存じの通り、紫外線のUVA(A波)は真皮層まで届き、コラーゲンやエラスチン繊維を劣化させます。

また細胞を酸化させる活性酸素は、コラーゲンやエラスチンを作る「線維芽細胞」にダメージを与えますので、しっかり抗酸化対策を行うのも重要です。

たるみを予防・改善する攻めのケア

お肌の血行を良くしたり、むくみや筋肉のコリを取ったり、顔の筋肉を鍛えたい時は、なるべくお肌に触れずに行える方法を選択しましょう。具体的には顔の筋肉を動かすフェイスストレッチや、ホットタオルで顔を温めるなどです。

また顔のマッサージを行う時は、軽いツボ押しやすべりがよいクッション性の高いクリームなどを必ず使い、指が触れるか触れないか程度で優しく行うようにしてください。

関連記事

レーシック手術で「後遺症」 損害賠償請求できる?

※HUFFPOSTでレーシックに関する記事をご覧ください。 今、大問題になっているレーシック手術の

記事を読む

樹状細胞は癌細胞に目印を付け、癌の抗原情報を免疫細胞に伝える司令塔!

樹状細胞が注目されています。 私たちの健康に非常に重要な役割を持つ樹状細胞について調べてみまし

記事を読む

「自閉症の子供」が急増している理由とは?

昨日(2015/2/17)の中日新聞に、「自閉症 治療薬に弾み 金大など 新化合物効果確認」という記

記事を読む

Googleがスマート コンタクトレンズを開発!

Googleといえば検索エンジンや最先端技術で有名ですが、なんと医療分野にまで進出しているとは知りま

記事を読む

吉野家の牛丼は体に悪い・・・!?

吉野家のH.Pにも掲載されていますが、なんと安全を証明するために3か月間も吉野家の牛丼を食べ続けると

記事を読む

腰の振りがポイント。「女性がセクシーに見えるダンス」を科学的に研究すると…

イギリスのノーザンブリア大学の研究室で真剣に研究されている話題とは・・・? それにしても何とも興味

記事を読む

転ばないように歩くコツは?

日本列島が異常気象に見舞われ、2月に入り関東甲信地方でも大雪の恐れがあるそうです。 雪の多い北

記事を読む

タンパク質の摂りすぎが体に良くないことがわかる「3つのサイン」

体に必要不可欠な栄養素の一つである「たんぱく質」ですが、摂り過ぎが体に良くないことは皆さんもご存じだ

記事を読む

「医療過誤訴訟」はなぜ難しい? 患者側の勝訴率わずか2割

医療過誤の訴訟は非常に難しいということは皆さんもご存じですよね。 私自身も数年前のことですが、

記事を読む

スマホを見るとき首を傾けると、10キロ以上の重みがかかるってホント?

現代の若者にとってスマホは必携品ですが、このスマホが健康に害を及ぼしてるという研究結果が発表されまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

転ばないように歩くコツは?

日本列島が異常気象に見舞われ、2月に入り関東甲信地方でも大雪の恐れがあ

栃ノ心の出身国ジョージアってどこ?

栃ノ心が初優勝 ジョージア出身力士として初めて 春日野部屋所

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

WordPressの英語バージョンを日本語化する簡単な方法!

Wordpressの英語バージョンを日本語化する簡単な方法!

→もっと見る

  • PageRank Checker
  • スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑