気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

健康

冬に太らないためにはどうしたらいい?

投稿日:2015年2月3日 更新日:

毎日、規則的に運動をやっている方は多分少ないと思いますが、皆さんはいかがですか?

医師の勧める簡単なダイエット法は、精神的な安定と肉体的に軽度な運動です。

簡単なようですが、時間をかけて楽しい食事をとる習慣とは程遠い食事の仕方をしている方が多いのではないでしょうか?
時間に追われて急いで食事をしてしている方・・・要注意です!
ストレスもたまる一方ですよね。

軽い運動といっても、何もわざわざ決めた運動を毎日続けてやる必要はなさそうです。
体をこまめに動かす習慣を身につけることです。

以下の記事をお読みください。

スポンサードリンク

冬に太らないためにはどうしたらいい?

投稿日: 更新:
 2015-01-23-d.jpg

おいしく食べて、特別な運動もしない。それでいながら、ちょっとした心掛けでエネルギー消費量を増やす方法とは?

◆楽しい会食を味方に! おいしく食べれば太らない!?

おいしい食事をじっくり味わって食べると、交感神経が刺激され、食後の体温上昇(食事誘導性熱産生、diet-induced thermogenesis:DIT)が高まってエネルギー消費量が増えるといわれています。

DITは、高タンパク質や低糖質の食事でも高まります。シメのご飯や麺類まで一気に平らげ空腹を満たす、という食べ方をするのではなく、野菜やたんぱく質を中心とした前菜や主菜をゆっくり味わいましょう。忘年会や楽しいイベントの多いこの時期は、仲間とわいわい食事を楽しむことが、思わぬダイエット効果も生むようです。

◆特別な運動よりも、ちょこちょこ動き回りましょう!

寒い冬は、背中を丸めた「ゴリラ姿勢」や「カメ姿勢」になりがちです。しかし、背筋をぴんと伸ばした姿勢をキープすると、酸素消費量が上がるというデータが出ています。寒い冬こそ背筋をぴんと伸ばした姿勢を心がけましょう。

太らないように体重を維持するには、日常の身体活動量を上げることが大切です。特別な運動をしなくても、家事のような日々のちょっとした動きを意識することで、エネルギー消費量を上げることができます。非運動性身体活動によるエネルギー消費(non-exercise activity thermogenesis:NEAT)を上げることが、体重の増加防止につながるのです。

寒いからといって温かい部屋でゴロゴロするのはダメですが、かといって特別な運動をするのも大変。ちょこちょこと動き回ることを心掛けましょう。

2015-01-23-49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7.jpg
クリニックB 院長 下島 久美子
金沢医科大学卒業後、杏林大学第一内科に入局し内科医として臨床経験を積む。その後、六本木わかばクリニックへ入職しレーザー治療、注入療法の美容医療全般を学び美容皮膚科医としての臨床経験を積み現職へ至る。2014年10月に日比谷・有楽町にクリニックBを開院。

<HaffPOSTより転載>







-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「医療過誤訴訟」はなぜ難しい? 患者側の勝訴率わずか2割

医療過誤の訴訟は非常に難しいということは皆さんもご存じですよね。 私自身も数年前のことですが、突然激しい腹痛に襲われて夜間救急に運ばれたことがあります。 運ばれたとはいっても、正確には時折襲ってくる激 …

「自閉症の子供」が急増している理由とは?

昨日(2015/2/17)の中日新聞に、「自閉症 治療薬に弾み 金大など 新化合物効果確認」という記事が目に留まりました。 自閉症の子供さんを持つ親御さんにとっては期待の出来る新薬が開発されようとして …

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと 子どもを持たないのは我がまま? GETTY IMAGES 子どもは授かり物。親になりたいと思っても必ずしもなれるものではないけれど、子ど …

広まる「現代型貧困」の実態と対処法

ノーベル経済学賞受賞者のアマルティア・センは、貧困を「潜在能力を実現する権利の剥奪」と定義しましたが、日本では貧困の定義が少し異なるようです。 潜在的な貧困とでもいうのでしょうか、毎日の暮らしに困る程 …

吉野家の牛丼は体に悪い・・・!?

吉野家のH.Pにも掲載されていますが、なんと安全を証明するために3か月間も吉野家の牛丼を食べ続けるという過酷?な実験をさせたようです。 もし、私が被験者になれと言われたら・・・大好きなので勿論、参加し …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク