気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

海外

7歳の娘をレイプされ殺された娘の母親が犯人の家を焼く!

投稿日:2015年2月17日 更新日:

幼い子供への性犯罪が後を絶たないアメリカでの出来事です。

絶対に許すことの出来ない性暴力や拉致・監禁・殺人・・・
益々、凶悪化する犯罪と人心の荒廃。

犯人の家を燃やすことを消防署から許可されたレイプされた娘の母親ディエナさんの心の傷は、少しでも癒されたのでしょうか?

スポンサードリンク

7歳の娘をレイプされて殺された母親、犯人の家を焼く(動画)

投稿日: 更新:
5年前にレイプされて殺害された7歳の少女の母親が、娘が殺された家を焼き払うことを許可された。

2月12日の午後、ディエナさんはフロリダ州のオレンジ・パークにある家に火を放った。ハレル被告が2009年10月に彼女の娘を殺害した当時住んでいた家だ。現場にいた消防士は、納得したように頷いた。


ハレル被告の家に火を放った様子を報じる地元メディア

地元テレビ局「News4Jax」によると、ディエナさんは「私は彼らの家を焼きつくします」と語った。「今の私は、ドアをぶち破る大きな悪い狼です」

diena thompson
焼け落ちる家を見つめる少女の母ディエナさん

ディエナさんの娘ゾマーさんは、2009年10月の下校途中に姿を消した。彼女の遺体は、その2日後にジョージア州の埋立地で発見された。そこは、フロリダ州のオレンジ・パークの自宅から約55マイル(約88キロ)ほど北にある場所だった。

CBSニュースによると、捜査官は、少女が性的暴行を受けて喉を絞められていたと述べた。

2012年2月、ハレル被告は殺人・誘拐・性的暴行・その他の罪を認めた。ニューヨークの「デイリー・ニューズ」は、ハラル被告が終身刑になったと報じた。

殺人を行った当時、29歳のハラル被告は母親が所有する家に住んでいた。その家は最終的に差し押さえられ、銀行は所有権を「ゾマー・トムソン基金」へ引き渡した。この基金を設立したのはディエナさんであった。

地元紙「フロリダタイムス」系列の「Jacksonville.com」によると、ゾマー・トムソン基金は、この家をオレンジ・パークの消防局に寄付した。訓練の一環としてこの家に火を付けることができるようにするためだったという。

また、地元メディアの「ファースト・コースト・ニュース」によると、消防士たちは燃える家を2日間使用して、捜索方法や救助方法を指導するという。

ディエナさんは、家の中に置かれた大量の干し草の上に窓から火を投げ入れて着火することを許可された。

オレンジ・パーク消防署のタイ・シルコックス署長は「Jacksonville.com」に対して、彼女の参加を許可したことは適切だったと思うと述べた。

「もしかしたら、少しだけ彼女を癒してくれるかもしれません」と、シルコックス署長は話した。

燃えたがれき類を撤去したあと、ディエナさんはその土地の新しい利用方法を考える予定だ。子どもの遊び場になるかもしれないと、News4Jax.com は報じている。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

<http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/16/diena-thompson_n_6690110.html?utm_hp_ref=japan>







-海外
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

イギリスで日本と中国の大使が壮絶バトル!!!

日・中・韓だけではなく世界中に波紋を広げている安倍首相の「靖国神社参拝」に対する反応だが、中国と韓国にだけは言われたくない、というのが日本国民の心情ではないだろうか? 確かに、経済力を付け軍備拡張に走 …

【韓国船沈没】朴槿恵大統領の遅過ぎる謝罪表明

一体、韓国という国はどうなっているのだろう? 全く、今回韓国で起きたセウォル号の事故後の対応は不可解なことが多過ぎる。 怒り狂っているのは韓国の国民だけはなく全世界が注目してその対応のまずさに憤慨して …

Google vs Apple 「自動車対決」?

※ウォール・ストリート・ジャーナル紙によるとGoogleとAppleの様々な分野での熾烈な争いがエスカレートしているらしい。そのキーワードは「人にやさしい機械」だという。 世界のロボット市場の先端技術 …

「世界一醜い!」と蔑まれた女性の美しい話

「世界一醜い」と蔑まれたテキサス州に住む24歳のリジー・ベラスケスさんは、「人間は外見ではなく目指す目標や成果によって自分自身の価値を決めるものだ」という。 その心境に至るまでの周囲の協力や心の変遷が …

マララ・ユサフザイさんの国連本部でのスピーチ

本とペン。それこそが最強の武器なのです。 一人の子供、一人の教師、 そして一本のペンと本が、世界を変えるのです。 教育こそが、<暴力の克服という課題への>唯一の答えなのです。 <マララ・ユサフザイ> …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク