エナジードリンクって効果あるの?

公開日: : 健康

Facebook にシェア
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

年の瀬も近づき、仕事や飲み会でお疲れ気味の方も多いのではないでしょうか?

2015年12月、今話題のエナジードリンクを飲み過ぎて死亡!という衝撃的なニュースが発表されました。

「一体、エナジードリンクって一体何?」と思っている方もいるのではないでしょうか?

HAFFPostBusiness Journalから2本の記事をご紹介します。

eiyou-drink

 

カフェイン中毒で国内初の死亡者 エナジードリンクを大量摂取

投稿日: 更新:
DRINK

九州地方で2015年、眠気覚ましをうたうエナジードリンクを頻繁に飲んでいた20代男性がカフェイン中毒で死亡していたことが、福岡大法医学教室の分析で12月21日までに分かった。共同通信などが報じた。

厚労省では「国内でのカフェイン中毒死は聞いたことがない」としており、常用での中毒による死亡は国内初の報告例とみられるという。サンケイビズによると、亡くなった男性はガソリンスタンドの深夜勤務の仕事をしており、エナジードリンクを大量に飲んでいた。

男性は24時間営業のガソリンスタンドで深夜から早朝の勤務。帰宅後は夕方まで起きていて、その後に寝て出勤する毎日だった。

エナジードリンクと呼ばれるカフェイン入り飲料を多用し、死亡する約1年前から体調不良を訴え、吐いて寝込むことを数回繰り返した。

カフェイン中毒症状とみられ、死亡当日も帰宅後に吐いて寝込んでいた。数時間後に家族が気付き、救急搬送したが手遅れだった。飲んだ量がどれくらいかは不明。

(「聞いたことがない…」20代男性カフェイン中毒死 エナジードリンク多用- SankeiBiz(サンケイビズ) 2015/12/21 11:42)

エナジードリンクは死の危険も!副作用で5千人の救急搬送例…心筋梗塞や不整脈の恐れ

「Thinkstock」より

2015年も12月を迎え、忘年会のシーズンとなりました。この時期、お酒を飲む機会も多くなりますが、最近はエナジードリンクとアルコールを混ぜたカクテルを多く見かけます。「フルーティな味で、さわやか」と女性人気も高いようですが、このエナジードリンクには注意が必要です。 エナジードリンクは、カフェインやビタミン、炭水化物、ガラナなどの興奮性成分が入った炭酸飲料です。栄養ドリンクと混同されることも多いですが、栄養ドリンクは医薬品(薬局で販売)や医薬部外品(コンビニエンスストアなどで販売)で、エナジードリンクは清涼飲料水という違いがあります。

また、薬事法上、エナジードリンクには「滋養強壮効果がある」とされるタウリンを使用することはできないため、代わりにアルギニンが使われています。

近年、新製品が続々と登場して種類が豊富な上、広告効果もあって、エナジードリンクの人気が高まっています。しかし、15年11月、アメリカの有名総合病院「メイヨー・クリニック」の研究チームにより、エナジードリンクの危険性を報告する論文がアメリカの医学誌「JAMA」に発表されました。【※1】

同研究では、平均29歳の健康な成人25人を対象に、日本でも販売されているRockstar社のエナジードリンク「ロックスター」と、味や色はロックスターと同じですが、カフェインや興奮性成分を抜いた対照飲料が、心臓や血管系に与える影響を比較しています。

その結果、エナジードリンクを飲んだ後は、対照飲料を飲んだ後より血圧が高くなり、体がストレスを感じた時に放出されるホルモンのノルエピネフリンの血中濃度が73.6%も上昇しました。研究チームは、「このような急激な変化は、循環器疾患のリスクを増加させる可能性がある」と指摘しています。

エナジードリンク×アルコールで悪酔いするワケ

実際、健康な若者でも、エナジードリンクによって心筋梗塞や不整脈が引き起こされ、命にかかわるケースがあることも報告されています。エナジードリンクを飲むと、血圧や心拍数、血糖値、コレステロールの上昇などの変化が起こり、心血管系に大きな影響を及ぼし、重大な疾患につながります。

アメリカでは、10~13年の間に、エナジードリンクによる副作用で約5000人が救急搬送されました。

特に危険なのは、アルコールとの併用です。エナジードリンクを混ぜることで、アルコール単独で飲む場合よりアルコール摂取量が増え、血中アルコール濃度が高くなることが明らかになっています。

■カフェインとは

日本コーヒー協会などによると、カフェインはアルカロイドという化合物の仲間。コーヒー、お茶、コーラなどに含まれている。一方で習慣作用もあり、過量に摂取すると、集中力がなくなり、不眠、不安感、耳鳴りなどが生じることもある。

カフェインの多量摂取による中毒で、アメリカでは十数件の死亡例が報告されているほか、日本でも心臓麻痺や不整脈で致死状態になった例があった。

エナジードリンクとアルコールを同時に摂ると、アルコールの鎮静作用をカフェインの興奮作用が緩和させ、「酔っているけれど、目が覚めた状態」に陥ります。本人は「酔っている」という自覚がないため、自ずとアルコールの量が増え、よりひどく酔ってしまうのでしょう。

ほとんどの場合、エナジードリンクの危険性の多くはカフェインにあります。カフェインの量は製品によってさまざまですが、中には200ミリグラム近くあるものも存在します。

カフェインは適量であれば問題ありませんが、1日の摂取量は、健康な成人で400ミリグラム(コーヒー3杯程度)、子供は45~85ミリグラム(コーラ1~2缶程度)を超えると、悪影響があるとされています。カフェイン量の多いタイプであれば、エナジードリンクは1日2本までにとどめるべきでしょう。

(文=関口瑞季/医療・健康ライター)

関連記事

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方法をhuffingtonpos

記事を読む

「世界一醜い女性」と言われたリジーさん ネット上の嫌がらせを受け、こう訴える

「世界一醜い女性」と言われたリジーさん ネット上の嫌がらせを受け、こう訴える The Hu

記事を読む

コーヒーの効用と飲み過ぎの弊害について!

コーヒーの効能について最新の研究に基づいた非常に興味深い記事を2本ご紹介します。 私もコーヒー

記事を読む

心と体に良い影響を与える「感謝の気持ち」

ポジティブな感情が体に良い影響を与えるという事実は最近の研究を待つまでもなく皆さんもご存じだと思いま

記事を読む

樹状細胞は癌細胞に目印を付け、癌の抗原情報を免疫細胞に伝える司令塔!

樹状細胞が注目されています。 私たちの健康に非常に重要な役割を持つ樹状細胞について調べてみまし

記事を読む

トランプ大統領はサイコパスか・・・?

トランプ大統領が就任して様々な物議をかもしていますが、精神疾患を疑う脳科学者もいるようです。

記事を読む

「医療過誤訴訟」はなぜ難しい? 患者側の勝訴率わずか2割

医療過誤の訴訟は非常に難しいということは皆さんもご存じですよね。 私自身も数年前のことですが、

記事を読む

レーシック手術で「後遺症」 損害賠償請求できる?

※HUFFPOSTでレーシックに関する記事をご覧ください。 今、大問題になっているレーシック手術の

記事を読む

タンパク質の摂りすぎが体に良くないことがわかる「3つのサイン」

体に必要不可欠な栄養素の一つである「たんぱく質」ですが、摂り過ぎが体に良くないことは皆さんもご存じだ

記事を読む

不公平さを感じたとき、脳は身体的苦痛と同じ反応をする

今日は、「公平」や「不平等」についての記事をご紹介します。 Wikiによると「公平」とは次のよ

記事を読む

フィギュアスケート※ショートプログラム歴代最低の3点【動画】

スポーツはやっぱり楽しむことが一番ですね! 何と言われようと自分が楽

転ばないように歩くコツは?

日本列島が異常気象に見舞われ、2月に入り関東甲信地方でも大雪の恐れがあ

栃ノ心の出身国ジョージアってどこ?

栃ノ心が初優勝 ジョージア出身力士として初めて 春日野部屋所

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

→もっと見る

  • PageRank Checker
  • スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑