気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

エンタメ

逃げ恥・ムズキュン・恋ダンスが社会現象に!

投稿日:2017年1月27日 更新日:

TBS「逃げるは恥だが役に立つ」が12月20日の最終回を迎えてしまいました。
新垣結衣が演じる「みくり」ちゃんのファンが増えたのではないでしょうか?

日刊スポーツに面白い視点から「逃げ恥」「ムズキュン」「恋ダンス」ブームの

敵失、新視聴率…「逃げ恥」が引いた5つの幸運

日刊スポーツ 12/20(火) 12:23配信

敵失、新視聴率…「逃げ恥」が引いた5つの幸運

TBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(C)TBS

大ブームのTBS系連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜10時)が20日、いよいよ最終回を迎える。総合視聴率が30%台を記録した背景には、作品が面白いこと以外にも、いくつかの引きの強さがあった。大きく5つまとめてみた。
**********

●フジテレビの撤退

今期からフジテレビのドラマが火曜10時から撤退し、分散していたドラマ視聴者を総取りできるようになったことは大きい。

フジの方が枠の歴史は古く、視聴率も上をいっていた。一方のTBSは、2年前の枠創設以来、視聴率はほぼ1ケタ台だった。毎クールの低視聴率争いに根負けしたフジが撤退したとたん、「逃げ恥」が初回10・2%の2ケタスタート。作品の面白さが伝わりやすくなり、1度も数字を下げることなく17%台までブレークすることになった。敵に塩を送られた形のTBSは「他局さんのことは分からないが、自信作が多くの人に届いてうれしい」と笑みがこぼれる。

●視聴率測定の変更

10月3日からビデオリサーチの視聴率調査が変わり、タイムシフト(録画視聴)の測定が始まったのもタイムリーだった。録画して見る人が多いドラマコンテンツはタイムシフトの目玉。「逃げ恥」はリアルタイムで見ていた人より録画派の方が多く、9話(12月6日)のタイムシフト視聴率17・5%は全番組1位。リアルタイムと合わせて重複分を引いた「総合視聴率」は30・0%の大台を記録した。総合視聴率という新指標での1位はやはりニュースになる。数字に反映された録画視聴派が活気づき、ネットやSNSを盛り上げた。

●ローカルパワー

まず地方局が視聴率の話題をけん引したのも、珍しい現象だった。6話で北海道地区が20%超えを記録すると、翌週は北部九州地区、名古屋地区も20%超え。関東地区は4週連続13%台で足踏みしていたが、「なぜか地方局で強い」ことが大きく報じられ、関東地区も8話で16・1%にジャンプアップした。

「恋ダンス」にローカル各局の局アナたちが挑戦し始めたのも前例のない動き。TBSでは「こちらからお願いしたわけではなく、自発的な広がりに驚いた」。どれも地方色や局カラーがにじむ力作で、JNN系列28局すべての「恋ダンス」がネット上にそろう盛り上がりとなった。

●「重版出来!」の高評価

意外と効いているんじゃないかと放送担当記者の間で話題なのが、4月期に放送された「重版出来!」(主演黒木華)だ。出版社に新卒採用された女子社員の奮闘。平均視聴率は8%台だったが、おもしろさや見ごたえは高い評価を集め、次々とドラマ賞を獲得。初回9・2%で始まり、最終回は8・9%。最初に見てくれた視聴者を最後までしっかりつかんだことは制作の自信にもなった。

その「重版出来!」の脚本を担当したのが、「逃げ恥」の野木亜紀子氏だ。さっぱりとメンタルが自立しているひたむきな女性像がいつもすてきで、私も大好きな脚本家の1人。新垣結衣とは「空飛ぶ広報室」(13年、TBS)「掟上今日子の備忘録」(15年、日本テレビ)に続く3作目となる。ガッキー×野木亜紀子の必勝コンビが、伸び伸びと結果を出したといえそうだ。

●「恋ダンス」

ブームに最初に火を付けたのが、エンディングの「恋ダンス」であるのは間違いないところ。星野源の主題歌「恋」に合わせて出演者たちがコミカルに踊り、初回放送後から大きな反響を呼んだ。動画サイトで公開したところ、6日間で520万再生を記録。話題作りに大貢献した。出演者がエンディングで踊る演出は珍しくないが、覚えれば大勢で楽しめそうな雰囲気や、キュートなガッキーは女子ウケ抜群だった。TBSでは「プロでなくても踊れるような楽しいダンスを振り付けのMIKIKOさんが作ってくれた。意外と難しいという絶妙な難易度も魅力のようです」。

********

普通、テレビ局は高視聴率が出ると、廊下やエレベーター前など目につくところに「高視聴率御礼」の貼り紙をしてお祭り気分を盛り上げるのだが、TBSはその手のアピールをしていない。宣伝部内に、他番組と一緒に業務連絡のように張り出しているだけだ。

同局では「ちょっと前までのどん底を知っているので、とにかく粛々と。プロデューサーも『今まで通り。浮かれちゃいかん』というスタンスです」。こつこつと情報リリースを欠かさずにネットやSNSを盛り上げ続け、「ぴったんこカン・カン」「中居正広のキンスマSP」など人気バラエティーから引っ張りだこに。押し売り感のない自然なブーム化も、すっきりしていた。

【梅田恵子】(ニッカンスポーツ・コム/芸能記者コラム「梅ちゃんねる」)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-01754271-nksports-ent







-エンタメ
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

清水富美加、芸能を引退して「幸福の科学」へ出家の真相!

清水富美加、芸能活動中断の背景に『東京喰種』か?「人肉を食べる人種役」に葛藤と宗教団体が説明 The Huffington Post  |  執筆者: 安藤健二 投稿日: 2017年02月12日 17 …

レディー・ガガ、レイプが心のトラウマに・・・心の痛みから解放されるまでの道のり!

歌手のレディー・ガガが19歳の時に20歳以上年上のプロデューサー?にレイプされたことを告白!! 恐ろしいことにアメリカでは人口10万人当たりの強姦の発生件数は37.0で日本の1.2と比べても30倍も多 …

1月29日のNHK「おはよう日本」で水木しげるさんのインタビュー!

水木しげるインタビュー、NHK「おはよう日本」で放映 水木しげるといえば例の大ヒット作「ゲゲゲの鬼太郎」ですよね。 水木しげる(みずき しげる、本名:武良 茂(むら しげる)、男性、1922年[1]3 …

デヴィ夫人、暴行容疑で捜査!

なんとデヴィ夫人がTBSのバラエティー番組で、TBSの企画により挑発した女性を平手打ち・・・というショッキングなニュースが飛び込んできました。 日頃、毒舌で知られたデヴィ夫人ですが、余程腹にすえかねた …

佐村河内守氏の作曲だと信じてCDを購入したファンは「返金」を要求できるか?

作曲家の佐村河内守氏は、「現代のベートーベン」と称され人気を博していたが、実は何と作品の多くはゴーストライターによるものだと分かり、音楽ファンのみならず世界中が注目する大スキャンダルに発展。何と、「偽 …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク