気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

ニュース

日本の子供の幸福度 総合6位 貧困率は深刻化!

投稿日:2013年12月25日 更新日:

※2013/12/25付けの朝日デジタルによると、ユニセフ(国連児童基金)と国立社会保障・人口問題研究所は報告書で、日本の順位が一番低かったのが「物質的な豊かさ」だという。ちょっと意外な感じがする。景気が低迷して大変だとはいえ、先進国の中でも物質的には何不自由ない暮らしをしていると信じていたのですが・・・。
世帯所得が低いことなどが主な原因らしいが・・・。

The Huffington Post | 投稿日: 2013年12月25日 13時06分 JST | 更新: 2013年12月25日 14時01分 JST

n-CHILD-JAPAN-large570

国連児童基金(ユニセフ)と国立社会保障・人口問題研究所は12月25日、『先進国における子どもの幸福度―日本との比較 特別編集版』を発表した。日本の子供の幸福度は、総合順位で先進31カ国中6位。オランダが総合1位となった。

■子供の幸福度、分野ごとに順位が異なる日本

子どもに関する教育や住環境、健康面など5つの分野において評価し順位づけしたこのレポート。日本は「教育」と「日常生活上のリスクの低さ」の項目では1位となったが、「健康と安全」では16位、「物質的な豊かさ」は21位と、中位から下位に位置づけられた。

総合順位が上位のほかの国々は、どの分野も順位も高いのに対して、分野ごとに順位が異なるのが日本の特徴だという。

【日本の順位】
・物質的な豊かさ(21位)
・健康と安全(16位)
・教育(1位)
・日常生活上のリスク(1位)

★——————–★

■「物質的な豊かさ」は下位、子供の貧困が深刻化

報告書で、日本の順位が一番低かったのが「物質的な豊かさ」だ。順位が低い理由としては、貧困ラインを下回る子供の割合が高く、世帯所得が低いことなどが挙げられる。

物質的豊かさの順位が低いのは、貧困ラインを下回る子ども(0~17歳)の割合が14・9%と高いことや、下回った子どもたちの所得の平均が、貧困ラインの額の約7割にとどまっていることなどが理由だ。所得は世帯収入などから算出している。

(朝日新聞デジタル「日本の子どもの幸福度は6位 豊かさの一方、深刻な貧困:朝日新聞デジタル」より 2013/12/25 07:46)

★——————–★

■所得にみる「子供の相対的貧困率」は22位

「物質的な豊かさ」は、子どもたちの物質的豊かさに関する評価は、「相対的貧困率」と「物質的剥奪」という2つの要素から行われている。

「相対的貧困率」とは、世帯所得が中央値の50%未満の世帯で暮らす子どもの割合で、相対的な所得の貧困を示す。日本は「子供の相対的貧困率」14.9%で、31か国中22位(下から10番目)となった。

original

■生活水準にみる「子供の剥奪率」は20位

また「物質的剥奪」は、所得だけでは表されない、実際の生活水準を測る方法として広く使われているもので、ここでは、「子どもの年齢と知識水準に適した本」「修学旅行や学校行事の参加費」「宿題をするのに十分な広さと照明がある静かな場所」などの8品目のうち、2つ以上が欠如している子供たちの割合を指す。

日本の「子供の剥奪率」は、30か国中で20位(下から11番目)だった。

original (1)

なお総合順位は、北欧が上位を占めた。

スポンサードリンク

【総合順位】
1位 オランダ
2位 ノルウェー
3位 アイスランド
4位 フィンランド
5位 スウェーデン







-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「韓国人は永遠に許さない!」中国版ツイッターに書き込まれた批判

日本人と韓国人や中国人の価値観というものは全く違うようだ。 ネットユーザーの書き込みを色々と見てみると、どうも韓国人が最も過去の辛い経験や出来事を根に持つ人種のように思えてくる。 それぞれの国家が歩ん …

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方法をhuffingtonpostからご紹介します。 猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは? 予防 …

「今や全ての日本国民が標的」、イスラム国の機関誌で宣言!

なんとも恐ろしいことに、テロ集団ISISが機関誌で「全ての日本人が標的」であると宣言しました。 戦後、平和国家としての歩みを着実に進めてきたと思われていた日本という国に一体何が起きているのでしょうか? …

トランプ大統領はサイコパスか・・・?

トランプ大統領が就任して様々な物議をかもしていますが、精神疾患を疑う脳科学者もいるようです。 今までの言動を顧みると、サイコパスの症状が顕著であるということが分かります。 2017/2/8付の「文春オ …

「ミッフィー」作者、ディック・ブルーナさん死去 世界で愛された『ちいさなうさこちゃん』

世界的な人気キャラクター「ミッフィー」の生みの親であるオランダの作家ディック・ブルーナ氏が亡くなられたそうです。89年間、本当にお疲れさまでした。私達に夢と希望を与え続けてくれました。 「ミッフィー」 …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク