「世界一醜い女性」と言われたリジーさん ネット上の嫌がらせを受け、こう訴える

Facebook にシェア
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

「世界一醜い女性」と言われたリジーさん ネット上の嫌がらせを受け、こう訴える

投稿日: 更新:
27歳のリジー・ベラスケスさんは、新生児早老症様症候群という極めて稀な難病を抱えている。

病気が原因で、若いうちから老化が始まり、体重がほとんど増えない。また、右目を失明している。そのため、ベラスケスさんは外見に関してこれまでひどい誹謗中傷を受けてきた。例えば高校時代、彼女は自分が映った動画が「世界一醜い女性」というタイトルでYouTubeに投稿されているのを発見した。

しかし、ひどい書き込みをされているその動画を見ても、ベラスケスさんは打ちのめされず、逆に「誹謗中傷に影響されるのではなく、前進しよう」と決意した。そしてテレビ番組で「自分の価値を決めるのは自分です」と呼びかけるなどして、多くの人たちを励ましてきた。

それでも、ネット上での中傷はとどまるところをしらない。ベラスケスさんは、今でもネット上でのいじめの対象になっている。彼女は最近、インターネットで拡散したある画像を発見し、Instagramで投稿した。

その画像には、木の横に立つベラスケスさんが写っていて、こんな嫌がらせの言葉が書き込まれている。

I've seen a ton of memes like this all over @facebook recently. I'm writing this post not as someone who is a victim but as someone who is using their voice. Yes, it's very late at night as I type this but I do so as a reminder that the innocent people that are being put in these memes are probably up just as late scrolling through Facebook and feeling something that I wouldn't wish on my worst enemy. No matter what we look like or what size we are, at the end of the day we are all human. I ask that you keep that in mind the next time you see a viral meme of a random stranger. At the time you might find it hilarious but the human in the photo is probably feeling the exact opposite. Spread love not hurtful words via a screen. Xoxo Lizzie

A post shared by Lizzie Velasquez (@littlelizziev) on

「マイケルに、この木の後ろでいいことしようって誘われたの。彼、どうやら遅れているみたい。誰か彼をタグ付けして、私がまだ待っているって伝えてくれない?」

ベラスケスさんは、画像のキャプションにこう綴っている。

「今、私は真夜中にこの文章を書いています。ネット上でいじめの被害者になっている罪のない人たちは、同じように夜中まで起きて、どうかひどい投稿がありませんようにと願いながら、Facebookを見ています」

「もし、知らない人が誰かを中傷する投稿を見たら、こう思い出してください。外見が違っても、身体のサイズが違っても、結局私たちは同じ人間だ、と。投稿は笑えるかもしれません。だけど、写真の中の人はおそらく全く反対の気持ちでしょう。人を傷つける言葉ではなく、愛をインターネットで広げましょう」

ベラスケスさんの強さ、そして弱い立場の人たちを優しく思いやる心は、いつも私たちを勇気付けてくれる。

ハフィントンポストUK版に掲載された記事を翻訳しました。

関連記事

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方法をhuffingtonpos

記事を読む

「医療過誤訴訟」はなぜ難しい? 患者側の勝訴率わずか2割

医療過誤の訴訟は非常に難しいということは皆さんもご存じですよね。 私自身も数年前のことですが、

記事を読む

松居一代、週刊文春にだまされた ノーカット版

何ともお粗末な・・・恐ろしい話です。女性の恨みというものは・・・これは真実の恐ろしい物語です。 松

記事を読む

世界幸福度ランキング2017発表、日本の順位は?

国連の統計とは一体どうなっているのだろう? 「世界幸福デー」にちなみ、2017年3月20日に発

記事を読む

心と体に良い影響を与える「感謝の気持ち」

ポジティブな感情が体に良い影響を与えるという事実は最近の研究を待つまでもなく皆さんもご存じだと思いま

記事を読む

宗教の名の下に人を殺すことは考えられず、非常に悲しい・・・ダライ・ラマ14世

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の言葉だ。 タイトルは、<ダライ・ラマがミャンマー僧非難

記事を読む

自己暗示で最も効果的な方法とは?

セルフモチベーションを上げる方法として色々な手法が考えられています。 今日はその中から「やる気

記事を読む

不利な家庭環境でも学力が高い子供を育てるには?親がすべき6つのこと

文部科学省が昨年3月に実施した全国学力調査から、「親の年収や学歴が高いほど子どもの学力も高い」傾向が

記事を読む

すい臓がんの画期的方法を15歳の少年が発見!たったの5分、3セントで検査!

※非常に発見が難しいとされている膵臓癌の早期発見方法を発見した15歳の少年。 しかも、たったの5分

記事を読む

トランプ大統領はサイコパスか・・・?

トランプ大統領が就任して様々な物議をかもしていますが、精神疾患を疑う脳科学者もいるようです。

記事を読む

フィギュアスケート※ショートプログラム歴代最低の3点【動画】

スポーツはやっぱり楽しむことが一番ですね! 何と言われようと自分が楽

転ばないように歩くコツは?

日本列島が異常気象に見舞われ、2月に入り関東甲信地方でも大雪の恐れがあ

栃ノ心の出身国ジョージアってどこ?

栃ノ心が初優勝 ジョージア出身力士として初めて 春日野部屋所

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

→もっと見る

  • PageRank Checker
  • スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑