トランプ大統領はサイコパスか・・・?

Facebook にシェア
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

トランプ大統領が就任して様々な物議をかもしていますが、精神疾患を疑う脳科学者もいるようです。

今までの言動を顧みると、サイコパスの症状が顕著であるということが分かります。

2017/2/8付の「文春オンライン」にテレビでお馴染みの脳科学者である中野信子さんの記事を見つけました。

非常に興味深い記事なので転載させていただきます。

もし、あなたの上司がサイコパスだったら……

隣のサイコパスから身を守る方法

 平気でウソをつくけど、罪悪感ゼロ。

時には自分が被害者のように振る舞う。

他人を利用することに長け、人の痛みなどまったく感じない。

あなたの周りに、こんな人はいませんか?

もともとサイコパスとは、連続殺人鬼などの反社会的な人格を説明するために開発された診断上の概念。精神医学では明確なカテゴリーに分類されておらず、誤ったイメージやぼんやりとした印象が広まっていました。ところが近年、脳科学の劇的な進歩により、状況は変わってきました。

そんなサイコパスの正体を解き明かす話題の書、『サイコパス』(文春新書) の著者・中野信子さんが、あなたの身近にいるサイコパスの対処法を語ります。

サイコパスってどんな人?

サイコパスと聞くと、一般的にイメージするのは、凶悪な犯罪を犯した人、思いもよらない残酷な犯罪を犯す人でしょう。しかし実は、犯罪を犯さないけれどもサイコパスという人が存在します。

人格障害のなかには、反社会性人格障害というカテゴリがあり、このうちの一部がサイコパスと呼ばれる人たちです。脳科学では「サイコパシーの度合が高い人」という言い方をしますが、およそ100人に1人くらいの割合でいると言われています。

職場や身近な生活で「自分は頑張っているのに、あの人だけ不当に高く評価されているんじゃないか」「搾取されているんじゃないか」と思うことがあれば、その相手はサイコパスかも知れません。

サイコパスは企業のCEOに多い?

サイコパスのなかでも、犯罪を犯して刑罰を受ける「負け組サイコパス」と、社会的成功を収めている「勝ち組サイコパス」がいます。企業のCEOと呼ばれる人たちには、一般よりずっと高い割合でサイコパスが存在すると言われていて、25人に1人から5人に1人いるとも言われます。一般の人の5倍から25倍という調査結果があります。ほかにも外科医、弁護士、変わったところではシェフにも多いとされています。

サイコパスの特徴として真っ先にあげられるのが、前頭葉にある眼窩前頭皮質という共感性をつかさどる部分の活動が低いことです。それによって、犯罪を犯すときのブレーキが利かないという事態にもなりますが、逆に一般的な人なら同情心が先にたって判断できない問題について冷静で的確に判断を下す役割としても機能します。サイコパスの能力は人が出来ないような怜悧な判断とか、合理性に基づいた行動は得意なのです。

『サイコパス』の著者・中野信子さん

サイコパスな上司の対処法

『サイコパス』(文春新書)を読んだ人からは、身近な人がサイコパシーの高い人だと理解できたといったお便りをいくつもいただきます。サイコパスの振るまいが分ると、それから身を守るための方略も見つけやすくなります。不当な搾取や、長らく騙されてしまっている閉塞感のなかから抜け出せないという場合に、一歩前に進む手がかりにしていただけたら、すごくうれしいと思います。

たとえば会社の上司がサイコパスだった場合には、努力や感情を理解してもらおうと考えるのではなく、いかに自分が有能で上司にとってメリットがある存在かをアピールすることが有効です。その際に、たとえ優秀であっても上司を脅かす存在ではないという印象を与えるようにすると良いでしょう。

逆に、もし自分がサイコパスかも知れないと思ったとしても、それは社会的に意味があるんだという考察を、多くの文献を引きながら行っています。

ひょっとして私がサイコパス?

サイコパスは共感性を担う領域の活動が低いために、子どもの頃から違和感を感じていると思います。周りの子どもたちは、小さな生き物に対して「ああ、かわいい~」といって寄っていったりします。しかし、サイコパスの子どもにはその感覚が分らないわけですね。

泣いている子どもを見て慰めの声を掛ける人のことを、「なんと無駄なことをしているのだろう」と感じてしまいます。あるいは、いじめられている子どもを見て、「自業自得だ」と思ってしまうこともあります。そのことを周りの子どもから糾弾されることもあり、サイコパシーの高い人は子どもの頃から孤立感を抱えている場合が多いようです。

そこで、孤立感のなかで身を守るために、共感性があるふりを学びながら育ったりするので、人を騙そうとするというのも、実はサイコパスにとっては自然なことなんですね。周りの人からしたら恐ろしいことに思えるかもしれませんが、サイコパスは自身が生き延びていくための戦略を取っているだけ、ということになります。

孤独感を深めながら育ってきたサイコパシーの高い人は、その性質を持った人間が自分だけではないのだと長い時間のうちには気づくと思います。壁をつくったりしなくても、自分は合理的判断が出来るタイプで、共感性は低いけれど他の人が出来ない判断を出来ると認識することで、犯罪を起こすことなく、社会と共存することが出来るようになっていきます。

この本にはサイコパスのセルフチェックリストを掲載しています。簡易なもので完全な診断が出来るものではないのですが、特徴を理解するための一助にしていただければと思います。

トランプ大統領はサイコパス?

サイコパスが存在しているのは何故なのか。進化心理学的に言うと、その遺伝子を持った人に何らかの適応的な意味があるのだと解釈します。サイコパスがいることで集団全体に何らかのメリットがあったと考えるほうが自然ですね。

サイコパスは反社会性とカテゴライズされますから、いまある社会を壊す機能を示しますね。ということは、いまある社会が完全に良いものではなかった場合、既存の社会を脱皮して新しい社会を作る必要がある場合、サイコパスの能力を持った人が非常に活躍する時代が現れます。もしかしたら今が、その時代かも知れません。

サイコパスに希望を寄せすぎる発言に聞こえるかもしれませんが、かっこいいダークヒーローというわけではなく、あくまでそうした能力を持った人々と理解していただくと良いと思います。

古今東西、歴史上の人物はたくさんいますが、現代であれば、ぱっと思いつくのはトランプ大統領。もちろんきちんとお会いして心理試験を行い、診断を下したというわけではありませんし、他国のトップリーダーに対して失礼なことを申し上げているようですが、アメリカの国民が旧社会を打破する存在として、彼のサイコパス的な側面を高く評価して、一票を投じたのかも知れません。

それくらい、アメリカ人にとっては閉塞感を強く覚える社会状況があったのでしょうし、トランプ大統領のような形であっても、旧社会を打破してくれそうな強烈な存在が求められる時代なんだなと感じます。


なかの・のぶこ 1975年生まれ。脳科学者。東日本国際大学特任教授、横浜市立大学客員准教授。東京大学工学部卒業、同大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。医学博士。著書に『脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体』(幻冬舎新書)、『脳はどこまでコントロールできるか?』(ベスト新書)、『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(中野剛志、適菜収との共著・文春新書)ほか。

 

(http://bunshun.jp/articles/-/1302) より抜粋。

関連記事

樹状細胞は癌細胞に目印を付け、癌の抗原情報を免疫細胞に伝える司令塔!

樹状細胞が注目されています。 私たちの健康に非常に重要な役割を持つ樹状細胞について調べてみまし

記事を読む

自己暗示で最も効果的な方法とは?

セルフモチベーションを上げる方法として色々な手法が考えられています。 今日はその中から「やる気

記事を読む

これが統合失調症の世界

統合失調症って昔は精神分裂病といわれて不治の忌み嫌われていた病気でした。 今では治療法も進歩して、

記事を読む

不公平さを感じたとき、脳は身体的苦痛と同じ反応をする

今日は、「公平」や「不平等」についての記事をご紹介します。 Wikiによると「公平」とは次のよ

記事を読む

カラコンでトラブルが増加 / 粗悪品が出回る

若者の間でカラーコンタクトレンズが急速に普及しているといいます。 インターネットで安価に簡単に手に

記事を読む

「医療過誤訴訟」はなぜ難しい? 患者側の勝訴率わずか2割

医療過誤の訴訟は非常に難しいということは皆さんもご存じですよね。 私自身も数年前のことですが、

記事を読む

CIA、顔文字を収集していた。ウィキリークスが暴露、「∩(・ω・)∩ 」「╯`Д ‘)╯彡┻━┻ 」も

ウィキリークスは、匿名により政府、企業、宗教などに関する機密情報を公開するウェブサイトの一つで、創始

記事を読む

陸自の銃弾1万発、韓国軍に提供 安倍政権の狙いは?

※自民党が圧倒的な勝利を収めて以来、安倍政権の強硬な姿勢は歯止めが効かないようです。武器輸出三原則や

記事を読む

松居一代、週刊文春にだまされた ノーカット版

何ともお粗末な・・・恐ろしい話です。女性の恨みというものは・・・これは真実の恐ろしい物語です。 松

記事を読む

転ばないように歩くコツは?

日本列島が異常気象に見舞われ、2月に入り関東甲信地方でも大雪の恐れがあるそうです。 雪の多い北

記事を読む

フィギュアスケート※ショートプログラム歴代最低の3点【動画】

スポーツはやっぱり楽しむことが一番ですね! 何と言われようと自分が楽

転ばないように歩くコツは?

日本列島が異常気象に見舞われ、2月に入り関東甲信地方でも大雪の恐れがあ

栃ノ心の出身国ジョージアってどこ?

栃ノ心が初優勝 ジョージア出身力士として初めて 春日野部屋所

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

→もっと見る

  • PageRank Checker
  • スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑