「ミッフィー」作者、ディック・ブルーナさん死去 世界で愛された『ちいさなうさこちゃん』

Facebook にシェア
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

世界的な人気キャラクター「ミッフィー」の生みの親であるオランダの作家ディック・ブルーナ氏が亡くなられたそうです。89年間、本当にお疲れさまでした。私達に夢と希望を与え続けてくれました。

「ミッフィー」作者、ディック・ブルーナさん死去 世界で愛された『ちいさなうさこちゃん』

投稿日: 更新:
絵本作家で、ウサギのキャラクター「ミッフィー」の作者ディック・ブルーナさんが2月16日、老衰のため死去した。89歳だった。

ブルーナさんは故郷のオランダ・ユトレヒトの自宅で息を引き取ったという。

Dick Bruna, author of the Miffy books, artist, illustrator and graphic designer, in his studio, Utrecht, The Netherlands, 2nd October 2010. (Photo by Martin Godwin/Getty Images)

BBCによると、ブルーナさんは1927年ユトレヒトで生まれた。父親が経営する出版社でデザインを担当し、イアン・フレミングの「007」シリーズやジョルジュ・シムノンの「メグレ警視」シリーズなどの装丁を手がけた。

朝日新聞デジタルによると1953年、『りんごぼうや』で絵本作家としてデビューし、55年に「ミッフィー」シリーズ第1作を発表。日本では石井桃子さんの訳で64年に『ちいさなうさこちゃん』というタイトルで翻訳された。

ガーディアンによると、ブルーナさんは息子がまだ子供だった頃、休暇で海に行った時、砂丘にウサギがいるのを見かけた。その後、息子を楽しませるためにミッフィーを作ったという。「ミッフィーが、今のような現象を引き起こすキャラクターになるなんて思いもしませんでした」と後年振り返っている。

ユトレヒトのミッフィーミュージアム周辺にあるミッフィー像には、ブルーナさんを追悼して花束が捧げられていた。

「ミッフィー」シリーズは50カ国以上で翻訳され、合計で8500万部以上売り上げた。

Dick Bruna, author of the Miffy books, artist, illustrator and graphic designer, holding one of his books in his studio, Utrecht, The Netherlands, 2nd October 2010. (Photo by Martin Godwin/Getty Images)

MARTIN GODWIN VIA GETTY IMAGES

2011年に、「ミッフィー」シリーズ最後の絵本を発表し、東日本大震災では涙を流すミッフィーのイラストに「日本に祈りを捧げます」というメッセージを送ったが、ここ数年、ブルーナさんは人前に姿を現さなくなっていた。

ユトレヒトのミッフィーミュージアムは、ブルーナさんを追悼するツイートを投稿した。

今日、ディック・ブルーナが逝去したという悲しいニュースをお伝えしなければなりません。

SNS上ではブルーナさんを追悼する投稿が相次いだ。

ディック・ブルーナさん、安らかに。

ありがとう、親愛なるディック・ブルーナ。私の子供時代にも、そして私の子供も、ミッフィーのおかげでよりよい人生を送ることができています。

 

参照元: http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/17/miffy_n_14829868.html?utm_hp_ref=japan


関連記事

生後10カ月の女児、飼い犬にかまれ死亡 「臆病でおとなしい犬だった」

何とも痛ましい事故が起きました。 母親の実家で祖父母と3人で居間で遊んでいたが、屋内で放し飼い

記事を読む

栃ノ心の出身国ジョージアってどこ?

栃ノ心が初優勝 ジョージア出身力士として初めて 春日野部屋所属の力士の優勝は46年ぶり

記事を読む

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方法をhuffingtonpos

記事を読む

転ばないように歩くコツは?

日本列島が異常気象に見舞われ、2月に入り関東甲信地方でも大雪の恐れがあるそうです。 雪の多い北

記事を読む

世界の自殺者が「年間80万人超」WHO報告

2012年の統計ですが、世界の自殺者が年間80万人を超えたというWHOの報告にショックを受けています

記事を読む

トランプ大統領はサイコパスか・・・?

トランプ大統領が就任して様々な物議をかもしていますが、精神疾患を疑う脳科学者もいるようです。

記事を読む

警視庁、新型パトカーに日産「フェアレディZ」を導入…「税金の無駄遣いだ」との声も!

警視庁がパトカーに導入した日産の「フェアレディーZ」何かと話題になっているようですね。 犯罪の抑止

記事を読む

松居一代、週刊文春にだまされた ノーカット版

何ともお粗末な・・・恐ろしい話です。女性の恨みというものは・・・これは真実の恐ろしい物語です。 松

記事を読む

ダライ・ラマ「暴力は問題解決の役に立たない。学校で教えるべきなのは・・・」

チベット仏教の最高指導者 ダライ・ラマ14世がツイッターに投稿した言葉が世界中で話題になっていると言

記事を読む

「世界一醜い女性」と言われたリジーさん ネット上の嫌がらせを受け、こう訴える

「世界一醜い女性」と言われたリジーさん ネット上の嫌がらせを受け、こう訴える The Hu

記事を読む

フィギュアスケート※ショートプログラム歴代最低の3点【動画】

スポーツはやっぱり楽しむことが一番ですね! 何と言われようと自分が楽

転ばないように歩くコツは?

日本列島が異常気象に見舞われ、2月に入り関東甲信地方でも大雪の恐れがあ

栃ノ心の出身国ジョージアってどこ?

栃ノ心が初優勝 ジョージア出身力士として初めて 春日野部屋所

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

「子どもを持たない選択」をした人たちが知って欲しい、5つのこと

→もっと見る

  • PageRank Checker
  • スポンサードリンク
  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑