気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

ニュース

「ミッフィー」作者、ディック・ブルーナさん死去 世界で愛された『ちいさなうさこちゃん』

投稿日:

世界的な人気キャラクター「ミッフィー」の生みの親であるオランダの作家ディック・ブルーナ氏が亡くなられたそうです。89年間、本当にお疲れさまでした。私達に夢と希望を与え続けてくれました。

「ミッフィー」作者、ディック・ブルーナさん死去 世界で愛された『ちいさなうさこちゃん』

投稿日: 更新:
絵本作家で、ウサギのキャラクター「ミッフィー」の作者ディック・ブルーナさんが2月16日、老衰のため死去した。89歳だった。

ブルーナさんは故郷のオランダ・ユトレヒトの自宅で息を引き取ったという。

Dick Bruna, author of the Miffy books, artist, illustrator and graphic designer, in his studio, Utrecht, The Netherlands, 2nd October 2010. (Photo by Martin Godwin/Getty Images)

BBCによると、ブルーナさんは1927年ユトレヒトで生まれた。父親が経営する出版社でデザインを担当し、イアン・フレミングの「007」シリーズやジョルジュ・シムノンの「メグレ警視」シリーズなどの装丁を手がけた。

朝日新聞デジタルによると1953年、『りんごぼうや』で絵本作家としてデビューし、55年に「ミッフィー」シリーズ第1作を発表。日本では石井桃子さんの訳で64年に『ちいさなうさこちゃん』というタイトルで翻訳された。

ガーディアンによると、ブルーナさんは息子がまだ子供だった頃、休暇で海に行った時、砂丘にウサギがいるのを見かけた。その後、息子を楽しませるためにミッフィーを作ったという。「ミッフィーが、今のような現象を引き起こすキャラクターになるなんて思いもしませんでした」と後年振り返っている。

ユトレヒトのミッフィーミュージアム周辺にあるミッフィー像には、ブルーナさんを追悼して花束が捧げられていた。

「ミッフィー」シリーズは50カ国以上で翻訳され、合計で8500万部以上売り上げた。

Dick Bruna, author of the Miffy books, artist, illustrator and graphic designer, holding one of his books in his studio, Utrecht, The Netherlands, 2nd October 2010. (Photo by Martin Godwin/Getty Images)

MARTIN GODWIN VIA GETTY IMAGES

2011年に、「ミッフィー」シリーズ最後の絵本を発表し、東日本大震災では涙を流すミッフィーのイラストに「日本に祈りを捧げます」というメッセージを送ったが、ここ数年、ブルーナさんは人前に姿を現さなくなっていた。

ユトレヒトのミッフィーミュージアムは、ブルーナさんを追悼するツイートを投稿した。

今日、ディック・ブルーナが逝去したという悲しいニュースをお伝えしなければなりません。

SNS上ではブルーナさんを追悼する投稿が相次いだ。

ディック・ブルーナさん、安らかに。

ありがとう、親愛なるディック・ブルーナ。私の子供時代にも、そして私の子供も、ミッフィーのおかげでよりよい人生を送ることができています。

 

参照元: http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/17/miffy_n_14829868.html?utm_hp_ref=japan








-ニュース
-, ,

執筆者:

関連記事

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方法をhuffingtonpostからご紹介します。 猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは? 予防 …

パスカルの欠点考について思うこと。

★今日の名言★ ====================================================== 欠陥に満ちていることは、ひとつの悪であるが、 欠陥に満ちていながら、 それ …

マクドナルドで「ホームレスお断り」は人権侵害? 当然の処置?

Huffington Postを読んでいて気になる記事が目についた。 「マクドナルド、ハンバーガーを120円から100円に値下げ!」 4月から消費税が5%から8%に値上げされるこの時期に大英断だと思う …

いじめ自殺の小6女児、遺族の裁判終結まで6年。母は「私がガイジンだから」と唇を嚙んだ

「お前の母さんはゴリラみたいだ」「きもい」「くさい」 The Huffington Post  |  執筆者: 吉野太一郎 2010年の秋、群馬県に住む小学校6年生の女児が、いじめを苦に自ら命を絶った …

池上彰さんに聞く「未来のつくりかた」「足るを知り、やり直せる社会にしよう」

Huff Post から「足るを知り、やり直せる社会にしよう」池上彰さんに聞く「未来のつくりかた」という記事を見つけました。 確かに物質的な欲求には切りがないように思えますよね。 物質的な欲求を求める …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク