気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

ニュース

「ミッフィー」作者、ディック・ブルーナさん死去 世界で愛された『ちいさなうさこちゃん』

投稿日:

世界的な人気キャラクター「ミッフィー」の生みの親であるオランダの作家ディック・ブルーナ氏が亡くなられたそうです。89年間、本当にお疲れさまでした。私達に夢と希望を与え続けてくれました。

「ミッフィー」作者、ディック・ブルーナさん死去 世界で愛された『ちいさなうさこちゃん』

投稿日: 更新:
絵本作家で、ウサギのキャラクター「ミッフィー」の作者ディック・ブルーナさんが2月16日、老衰のため死去した。89歳だった。

ブルーナさんは故郷のオランダ・ユトレヒトの自宅で息を引き取ったという。

Dick Bruna, author of the Miffy books, artist, illustrator and graphic designer, in his studio, Utrecht, The Netherlands, 2nd October 2010. (Photo by Martin Godwin/Getty Images)

BBCによると、ブルーナさんは1927年ユトレヒトで生まれた。父親が経営する出版社でデザインを担当し、イアン・フレミングの「007」シリーズやジョルジュ・シムノンの「メグレ警視」シリーズなどの装丁を手がけた。

朝日新聞デジタルによると1953年、『りんごぼうや』で絵本作家としてデビューし、55年に「ミッフィー」シリーズ第1作を発表。日本では石井桃子さんの訳で64年に『ちいさなうさこちゃん』というタイトルで翻訳された。

ガーディアンによると、ブルーナさんは息子がまだ子供だった頃、休暇で海に行った時、砂丘にウサギがいるのを見かけた。その後、息子を楽しませるためにミッフィーを作ったという。「ミッフィーが、今のような現象を引き起こすキャラクターになるなんて思いもしませんでした」と後年振り返っている。

ユトレヒトのミッフィーミュージアム周辺にあるミッフィー像には、ブルーナさんを追悼して花束が捧げられていた。

「ミッフィー」シリーズは50カ国以上で翻訳され、合計で8500万部以上売り上げた。

Dick Bruna, author of the Miffy books, artist, illustrator and graphic designer, holding one of his books in his studio, Utrecht, The Netherlands, 2nd October 2010. (Photo by Martin Godwin/Getty Images)

MARTIN GODWIN VIA GETTY IMAGES

2011年に、「ミッフィー」シリーズ最後の絵本を発表し、東日本大震災では涙を流すミッフィーのイラストに「日本に祈りを捧げます」というメッセージを送ったが、ここ数年、ブルーナさんは人前に姿を現さなくなっていた。

ユトレヒトのミッフィーミュージアムは、ブルーナさんを追悼するツイートを投稿した。

今日、ディック・ブルーナが逝去したという悲しいニュースをお伝えしなければなりません。

SNS上ではブルーナさんを追悼する投稿が相次いだ。

ディック・ブルーナさん、安らかに。

ありがとう、親愛なるディック・ブルーナ。私の子供時代にも、そして私の子供も、ミッフィーのおかげでよりよい人生を送ることができています。

 

参照元: http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/17/miffy_n_14829868.html?utm_hp_ref=japan








-ニュース
-, ,

執筆者:

関連記事

『いい子どもが育つ』都道府県ランキング発表!

『いい子どもが育つ』都道府県ランキング 1位は?と題して「良い子供のランキング」が発表されました。 子供さんを持つ親御さんには非常に気になる記事なのでしょうね。 どうも、この手のランキング付けには嫌悪 …

日米韓首脳会談が実現 安倍首相は韓国語でも挨拶

アメリカの肝煎りでやっと実現した日米韓首脳会談、かたくなな韓国のパク大統領に対してまずは安倍首相が韓国語で挨拶をしたという記事だが、肝腎な歴史問題については触れることが無かったという。 どこまで韓国と …

宗教の名の下に人を殺すことは考えられず、非常に悲しい・・・ダライ・ラマ14世

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の言葉だ。 タイトルは、<ダライ・ラマがミャンマー僧非難、宗教対立の殺人「考えられず」> 残念ながら過去の歴史は、宗教上の対立から戦争や多くの紛争・犠牲を生み …

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方法をhuffingtonpostからご紹介します。 猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは? 予防 …

いじめ自殺の小6女児、遺族の裁判終結まで6年。母は「私がガイジンだから」と唇を嚙んだ

「お前の母さんはゴリラみたいだ」「きもい」「くさい」 The Huffington Post  |  執筆者: 吉野太一郎 2010年の秋、群馬県に住む小学校6年生の女児が、いじめを苦に自ら命を絶った …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク