気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

ニュース 海外

ペルソナ・ノン・グラータとは? マレーシアが北朝鮮大使を指定、国外追放へ

投稿日:

今日もhuffingtonpostから転載させていただきます。

ペルソナ・ノン・グラータとはラテン語で「好ましからざる人物」という意味です。

テロ国家、北朝鮮とマレーシアの国交断絶まで行くのでしょうか?

金正男氏が殺害された遺体から猛毒「VX」が検出された暗殺事件で北朝鮮の関与は疑いの余地がありません。
残念ながら物証に乏しく北朝鮮の国家的犯罪はまたもやウヤムヤにされてしまう可能性が出てきました。

 

ペルソナ・ノン・グラータとは? マレーシアが北朝鮮大使を指定、国外追放へ

投稿日: 更新:

North Korean Ambassador to Malaysia Kang Chol speaks during a news conference at the North Korean embassy in Kuala Lumpur, Malaysia, February 20, 2017. Kang Chol on Monday insisted that the victim of last week’s murder at Kuala Lumpur’s main airport was not Kim Jong Nam, the estranged half-brother of North Korean leader Kim Jong Un. REUTERS/Athit Perawongmetha

マレーシアに駐在するカン・チョル北朝鮮大使に対してマレーシア政府は「ペルソナ・ノン・グラータ」に当たるとして3月4日、48時間以内の国外退去を求めたと発表した。現地紙のニュー・ストレーツ・タイムズなどが報じた。

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアの首都クアラルンプールの空港で殺害された。カン大使は正男氏の遺体の無条件引き渡しを求め、マレーシア警察の捜査を批判。「北朝鮮を中傷するために外部勢力と結託している」などと述べていた

アニファ外相の声明によると、外務省幹部が2月28日に北朝鮮高官と会談した際、カン大使の発言について文書での謝罪を求めたが返答がなかった。さらに4日午後6時にカン大使を外務省に呼んだが、姿を見せなかったという。

こうした行為に対して、マレーシア外務省は4日夜、カン大使を外交関係に関するウィーン条約の「ペルソナ・ノン・グラータ」に指定し、6日の午後6時(日本時間午後7時)までに国外に退去するよう求めたと発表した
■ペルソナ・ノン・グラータとは?

時事ドットコムによると、ペルソナ・ノン・グラータとは、ラテン語で「好ましからざる人物」を意味する外交用語。1961年締結の「外交関係に関するウィーン条約」第9条で、大使や大使館員を派遣する国に対し、受け入れる国が理由を示さず承認を拒否できると定めている。指定されれば、派遣国は当該人物を召還し、任務を終了させなければならない。

日本でも2012年、シリア内戦で市民弾圧を続けていたアサド政権に対し、日本に駐在するシリア大使に対し、自主的な国外退去を求めたところ、これに対抗して、シリア駐在の鈴木敏郎・日本大使がアサド政権から「ペルソナ・ノン・グラータ」に指定されて帰国している
■マレーシアと北朝鮮の関係悪化は決定的に

マレーシア政府は、北朝鮮に駐在していたマレーシア大使を、2月20日に帰国させたのに続いて、ビザなしでの渡航を認めてきた北朝鮮の国民に対し、3月6日からビザの取得を義務づけることを決めていた。今回、北朝鮮大使の国外退去を求めたことで、両国関係の悪化は決定的となった。







-ニュース, 海外
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

女性たちが母親になる瞬間!

ポイントがザクザク貯まる!カード8選 5月4日は母の日です。 お母さん、おっかあ、母さん、お袋・・・色々な呼び方をされますが、何か温かみを感じる「母」という言葉です。 「母という字を 書いてごらんなさ …

マララ・ユサフザイさんの国連本部でのスピーチ

本とペン。それこそが最強の武器なのです。 一人の子供、一人の教師、 そして一本のペンと本が、世界を変えるのです。 教育こそが、<暴力の克服という課題への>唯一の答えなのです。 <マララ・ユサフザイ> …

【韓国船沈没】朴槿恵大統領の遅過ぎる謝罪表明

一体、韓国という国はどうなっているのだろう? 全く、今回韓国で起きたセウォル号の事故後の対応は不可解なことが多過ぎる。 怒り狂っているのは韓国の国民だけはなく全世界が注目してその対応のまずさに憤慨して …

週刊新潮が19歳女子大生の実名・顔写真を掲載!

未成年者の実名報道について賛否が分かれている。 実際に未成年者が殺人事件などを起こした場合、スクープと称して雑誌やネットなど様々な媒体を使って本名や顔写真などが一般の目に晒されていることは周知に事実で …

釣魚島をめぐる中日の争い、外国人はみな日本の味方!?

2013年12月24日付の「新華経済」の記事が話題になっている。 イギリスに留学している中国人のネットユーザーが、自国の印象の悪さを嘆いている記事です。 個人的には英国人のバランス感覚の良さを感じる結 …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク