気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

ニュース 健康 科学

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

投稿日:2018年1月28日 更新日:

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・?

医師が選んだ効果的な方法をhuffingtonpostからご紹介します。

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

予防注射は4位… トップ3は?

GETTY IMAGES
インフルエンザの予防注射を受ける人

インフルエンザが猛威を振るっている。厚労省の1月26日の発表によると、推計患者数は全国で約283万人。今の調査方法となった1999年以降で過去最多だ。複数の型のウイルスが同時流行し、患者数が多くなっているもようだ。

こうなってくると、ぜひ予防に力を入れたいが…どんな対策が「最も効果アリ」なのだろうか?

医師専用コミュニティサイト「MedPeer」が医師を対象に実施したアンケート結果(有効回答数:医師1007人)を公表している。

「最も効果があると思う対策」は次の通りだった。

MEDPEER

1位「手洗いをする」

  • 触れたものから口の粘膜にウイルスが移行する頻度が一番高いと思うから。(50代、アレルギー科)
  • 病院でも感染予防の第一は手洗い。(30代、一般内科)
  • 手指についたウイルスが、特に鼻をさわることで上咽頭、鼻腔粘膜から感染することがわかっているので。うがいは効果なし。マスクは、鼻や口を触る頻度が減るから次いで効果があります。(40代、一般内科)
  • 接触感染のほうが飛沫感染より頻度が高い。(30代、一般内科)

2位「人混みに行かない」

  • 感染力が強いので感染しないようにするのが一番。毎年ワクチン打ったのにかかったという人がたくさんいる。(30代、一般内科)
  • 感染の機会が多ければ多いほど感染の可能性が上がるので、出歩かないのが一番だと思います。(40代、整形外科・スポーツ医学)
  • 通勤電車や職場、人込みなどで、他人から感染することが圧倒的に多いと思うから。(40代、神経内科)

3位「睡眠・休養をとる」

  • ウイルスに対抗するにはまずは体力。(50代、麻酔科)
  • 免疫力の維持とアップには睡眠と休息です。(50代、アレルギー科)
  • インフルエンザに限らず、自分がウイルス感染するときは、しっかり休めていない時だから。(50代、一般内科)
  • 免疫力が低い人から罹患するから。(50代、皮膚科)

4位「予防注射(ワクチン)をうつ」

  • 罹患する確率が減ることと、罹患しても重症化する確率が低くて済む。(40代、リハビリテーション科)
  • ワクチンの効果は医学的に立証されているからです。(50代、整形外科・スポーツ医学)
  • 確実に免疫を高めることができるから。(50代、アレルギー科)

5位「加湿をする」

  • 加湿しているとウイルスが活発にならないため。(50代、一般内科)
  • 粘膜の乾燥はバリア機能を下げるから。(30代、耳鼻咽喉科)
  • 飛沫感染を防ぐ。(50代、一般内科)

なお、「インフルエンザの疑いがある場合、病院へ行く前に最初にやるべきことは?」という質問の答えは次の通りだった。

  1. 「マスク」
  2. 「安静・休養」
  3. 「隔離」
  4. 「病院に電話して受診の相談」
  5. 「水分補給」

http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/28/flu-medpeer_a_23345618/







-ニュース, 健康, 科学
-, ,

執筆者:

関連記事

iPS細胞より簡易な新しい万能細胞作製に成功!

朝日デジタルの最新版で理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子さん率いるグループが、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を超える可能性を秘めた新万能細胞「STAP細胞(刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得細胞)」の …

冬に太らないためにはどうしたらいい?

毎日、規則的に運動をやっている方は多分少ないと思いますが、皆さんはいかがですか? 医師の勧める簡単なダイエット法は、精神的な安定と肉体的に軽度な運動です。 簡単なようですが、時間をかけて楽しい食事をと …

夜型人間は性格が悪いってホント?

イギリスのリバプール・ホープ大学とオーストラリアの西シドニー大学の研究者チームが面白い研究成果を発表した。 それにしても、面白い研究をしている大学があるものだ。イギリスとオーストラリアの一流大学の共同 …

これが統合失調症の世界

統合失調症って昔は精神分裂病といわれて不治の忌み嫌われていた病気でした。 今では治療法も進歩して、薬により症状を改善して普通の生活が出来る人も数多くいます。 それでは患者数はどのくらいいるのでしょうか …

転ばないように歩くコツは?

日本列島が異常気象に見舞われ、2月に入り関東甲信地方でも大雪の恐れがあるそうです。 雪の多い北海道の人たちは雪道を歩くのは慣れていますが、本州ではちょっとツルツル路面になると事故や怪我が後を絶たないよ …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク