気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

ニュース 健康

転ばないように歩くコツは?

投稿日:

日本列島が異常気象に見舞われ、2月に入り関東甲信地方でも大雪の恐れがあるそうです。

雪の多い北海道の人たちは雪道を歩くのは慣れていますが、本州ではちょっとツルツル路面になると事故や怪我が後を絶たないようです。

雪道やツルツル路面の歩き方にはコツがあります。
今日は、HUFFPOSTの記事から抜粋してご紹介します。

気象庁によると、2日午後6時までに予想される降雪量はいずれも多いところで東京・多摩地方で15cm、関東地方の平野部で10cm、東京23区で5cm。

東京都心で20cmの積雪を記録した1月22日のようにはならない見通しですが、予報が変わる可能性もあるため、気象庁は「最新の気象情報に注意してほしい」と呼びかけています。

雪が降り、気温が下がれば、路面凍結の恐れもあります。歩く際にはどんな点に注意すればいいのでしょうか。

ウインターライフ推進協議会」が配布する冊子「ころばんっ」では、以下のように呼びかけています。

1:小さな歩幅であるく

「ころばんっ」

2:靴の裏全体をつけて歩く

「ころばんっ」

3:急がず、焦らず、ゆっくり歩く

「ころばんっ」

この他にも、「靴は柔らかいゴム底」「歩きスマホはしない」なども心がけておきたいところですね。

■歩行時に注意するべき場所は?

「ころばんっ」

「ころばんっ」では、以下のような場所に注意するよう呼びかけています。

1:横断歩道

「ころばんっ」

2:ロードヒーティングの切れ目、マンホールのある場所

「ころばんっ」

3:地下鉄駅や地下街からの出口付近

「ころばんっ」

4:車の出入りのある歩道

「ころばんっ」

5:タイル張りの地下街や店内の出入り口

「ころばんっ」

特に都心で気をつけたいのが、駅の階段、タイル張りの通路、電車内の床など。ツルツルとしており、濡れていると大変滑りやすいです。ついつい家路を急いだり、油断をしていると、ツルっと滑って頭をゴチン…なんてことになりかねません。

東京都がまとめた防災情報ハンドブック「東京防災」では、大雪に際してこのように呼びかけています。

東京防災

1月22日の大雪では、道路で立ち往生する車両もありました。国土交通省関東地方整備局では「不要不急の外出を控えていただくとともに、運行計画の見直し、やむを得ず外出する場合には、冬用タイヤの装着、タイヤチェーンの携行等、万全の対策をよろしくお願いいたします」と呼びかけています。

http://www.huffingtonpost.jp/2018/02/01/tokyo-snow_a_23349946/?utm_hp_ref=jp-homepage







-ニュース, 健康
-, , ,

執筆者:

関連記事

丸岡いずみさん うつを乗りこえてわかったオフラインの大切さ「休むことも生きること」

現代病ともいえる鬱病という病を乗り越えて復帰された丸岡いずみさんの記事を見つけたので転載させて頂きます。 今や誰が鬱病に罹っても不思議ではない時代といえます。 私の身近な者も鬱病に罹り、その時の辛い思 …

不公平さを感じたとき、脳は身体的苦痛と同じ反応をする

今日は、「公平」や「不平等」についての記事をご紹介します。 Wikiによると「公平」とは次のように定義づけされています。 公平(こうへい)は、「公に平等」、すなわち、一部だけに手厚くしない、偏らないと …

コーヒーの効用と飲み過ぎの弊害について!

コーヒーの効能について最新の研究に基づいた非常に興味深い記事を2本ご紹介します。 私もコーヒーが大好きで毎日10杯は飲んでいるのではないかと思います。 皆さんも今までに一度もコーヒーを口にした経験がな …

宗教の名の下に人を殺すことは考えられず、非常に悲しい・・・ダライ・ラマ14世

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の言葉だ。 タイトルは、<ダライ・ラマがミャンマー僧非難、宗教対立の殺人「考えられず」> 残念ながら過去の歴史は、宗教上の対立から戦争や多くの紛争・犠牲を生み …

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方法をhuffingtonpostからご紹介します。 猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは? 予防 …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク