気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

これが統合失調症の世界

統合失調症って昔は精神分裂病といわれて不治の忌み嫌われていた病気でした。 今では治療法も進歩して、薬により症状を改善して普通の生活が出来る人も数多くいます。 それでは患者数はどのくらいいるのでしょうか …

世界幸福度ランキング2017発表、日本の順位は?

国連の統計とは一体どうなっているのだろう? 「世界幸福デー」にちなみ、2017年3月20日に発表された世界の155カ国を対象にした「幸福度ランキング」を見て、意外な結果に驚きます。 第一、「幸福」の定 …

生後10カ月の女児、飼い犬にかまれ死亡 「臆病でおとなしい犬だった」

何とも痛ましい事故が起きました。 母親の実家で祖父母と3人で居間で遊んでいたが、屋内で放し飼いにされている4歳のゴールデンレトリバーが突然かみつき、生後10カ月の安田翠(みどり)ちゃんが亡くなられたと …

CIA、顔文字を収集していた。ウィキリークスが暴露、「∩(・ω・)∩ 」「╯`Д ‘)╯彡┻━┻ 」も

ウィキリークスは、匿名により政府、企業、宗教などに関する機密情報を公開するウェブサイトの一つで、創始者はジュリアン・アサンジ。投稿者の匿名性を維持し、機密情報から投稿者が特定されないようにする努力がな …

ペルソナ・ノン・グラータとは? マレーシアが北朝鮮大使を指定、国外追放へ

今日もhuffingtonpostから転載させていただきます。 ペルソナ・ノン・グラータとはラテン語で「好ましからざる人物」という意味です。 テロ国家、北朝鮮とマレーシアの国交断絶まで行くのでしょうか …

失われつつあるアメリカンドリーム!

ハフィントンポストに掲載された山田敏夫氏の記事から転載させていただきます。 ニューヨークに住む友人から毎週メールを貰いますが、これほど物価が高いとは知りませんでした。 地域格差や富めるものと貧困者の格 …

病める韓国社会の実相!『帝国の慰安婦』刑事訴訟に勝訴した理由!

韓国のハフィントンポストに掲載された「帝国の慰安婦」の作者 朴 裕河 パク・ユハ 韓国・世宗大教授の反論文です。 病める韓国社会の実相がここにあります。 刑事裁判に勝訴したパク・ユハ世宗大教授を揶揄す …

「発達障害」受け入れ特化 通信制高校、開校へ!否定しない教育の実現へ!

厚生労働省の定義によると、「発達障害」とは? 発達障害は、生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状が現れ、通常の育児ではうまくいかないことがあります。成長するにつれ、自分自身のも …

「ミッフィー」作者、ディック・ブルーナさん死去 世界で愛された『ちいさなうさこちゃん』

世界的な人気キャラクター「ミッフィー」の生みの親であるオランダの作家ディック・ブルーナ氏が亡くなられたそうです。89年間、本当にお疲れさまでした。私達に夢と希望を与え続けてくれました。 「ミッフィー」 …

いじめ自殺の小6女児、遺族の裁判終結まで6年。母は「私がガイジンだから」と唇を嚙んだ

「お前の母さんはゴリラみたいだ」「きもい」「くさい」 The Huffington Post  |  執筆者: 吉野太一郎 2010年の秋、群馬県に住む小学校6年生の女児が、いじめを苦に自ら命を絶った …

トランプ大統領はサイコパスか・・・?

トランプ大統領が就任して様々な物議をかもしていますが、精神疾患を疑う脳科学者もいるようです。 今までの言動を顧みると、サイコパスの症状が顕著であるということが分かります。 2017/2/8付の「文春オ …

「世界一醜い女性」と言われたリジーさん ネット上の嫌がらせを受け、こう訴える

「世界一醜い女性」と言われたリジーさん ネット上の嫌がらせを受け、こう訴える The Huffington Post  |  執筆者: Brogan Driscoll 投稿日: 2016年12月16日 …

腰の振りがポイント。「女性がセクシーに見えるダンス」を科学的に研究すると…

イギリスのノーザンブリア大学の研究室で真剣に研究されている話題とは・・・? それにしても何とも興味深い結果が出たようです。 皆さんも異性にもてるための方法の一つとして参考にしてみては・・・! 腰の振り …

清水富美加、芸能を引退して「幸福の科学」へ出家の真相!

清水富美加、芸能活動中断の背景に『東京喰種』か?「人肉を食べる人種役」に葛藤と宗教団体が説明 The Huffington Post  |  執筆者: 安藤健二 投稿日: 2017年02月12日 17 …

逃げ恥・ムズキュン・恋ダンスが社会現象に!

TBS「逃げるは恥だが役に立つ」が12月20日の最終回を迎えてしまいました。 新垣結衣が演じる「みくり」ちゃんのファンが増えたのではないでしょうか? 日刊スポーツに面白い視点から「逃げ恥」「ムズキュン …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク