気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

ニュース

「日本人の柔軟性と非柔軟性」 – 日本華字紙・中文導報掲載(Yahoo!ニュースより)

投稿日:2013年12月19日 更新日:

Record China 11月26日(火)0時44分配信

日本人は頭が固い、それは日本人の聡明さの裏返し―華字紙

2013年11月23日、日本華字紙・中文導報は「日本人の柔軟性と非柔軟性」と題した記事を掲載した。以下はその内容。

子供の頃、とても好きだった抗日小説がある。そこには、生死にかかわる状況下でも、軍の規律を守り抜こうとする日本兵の姿が描かれてあって、私は「日本人って、どこまでも頭が固いんだな」と思ったものだ。

実際に日本に来て、その小説通りの日本人に遭遇したことがある。私がいつも利用していた小さな商店では、私が250円の煙草を2箱買うのに、店主がいつも電卓を使用する。店主の妻も、その息子も必ず電卓を使った。

日本で暮らす多くの中国人は、電話会社やインターネットサービスの会社に電話をした経験がある。そこでは、担当者が変わるたびに、名前、住所、電話番号を繰り返し伝えねばならず、本来の用件にたどり着くまでに恐ろしく時間と手間がかかる。さらに外食しよううとすると、寿司が食べたかったら寿司屋に、ラーメンが食べたかったらラーメン屋に、焼き鳥が食べたかったら焼き鳥屋に行かねばならず、それらの食べ物を一度に食べられる場所がない。

こうした例を挙げると、日本人は融通が利かないように見えるが、それは裏を返せば、彼らの誠実さや真面目さ、規律遵守などを意味する。日本と日本人はその強固なまでの真面目さとたゆまぬ努力で、国際社会から高い評価を得てきた。日本人の非柔軟性をあえて表現するなら、「聡明な非柔軟性」が妥当だろう。

日本人の規律を守る性質が、彼らを中国に侵略させたといえる。当時を生きた中国の高齢者たちに日本人について問うと、多くの人が複雑な心情をのぞかせて「普通の日本人はみな友好的できちんとしていた」と話す。終戦のどさくさにまぎれて侵入してきたソ連兵の悪行を罵る彼らの態度とは、とても対照的で驚かされたものだ。

実際、日本人はとても聡明だ。日本の電化製品や自動車は、常に新しい技術を開発する努力を惜しまず、永遠に世界の新潮流の先駆けとなっている。日本の風俗業に従事している女性さえも、自己を高める努力を怠らない。

日本人の非柔軟性と聡明さは一見矛盾しつつも、日本人の本質を表している。日本人は融通が利かないように見えるが、それはとても小さなことがほとんどで、大局から見れば、日本人は絶対的に聡明で優秀なのだ。

日本人とビジネスをしたことのある人間は、「日本人のことは永遠に計り知れない」と思っている。彼らは非柔軟性を十分に利用して、決して引かず、最後には大きな利益を獲得していく。つまり、実は非常に融通を利かせているのだ。日本人はその聡明さを非柔軟性の下に隠しているといえよう。(翻訳・編集/本郷)

スポンサードリンク

★—————————————–★

11月26日付のYahooニュースを見ていて目に付いた記事をシェアさせていただきます。

中国人の見た日本人を見る目を垣間見せるなかなか興味深い記事です。

お互いに憎悪の応酬という悪循環に陥っている中国や韓国との関係において、

冷静に日本人を分析しようと試みる中国人もいるのですね。

古くは、アメリカ人が書いた「菊と刀」や
イザヤ・ベンダサンの「日本人とユダヤ人」、
ドイツ人哲学者オイゲン・ヘリゲルの「弓と禅」などを思い出します。

日本人や日本文化の比較研究と、この短い記事を比較する訳にはいきませんが、
多種多様な民族や国家との交渉においてより優位に立つ為にも、
また違いを克服するための手段としても
異なるものと自らを知ることが必要なのではないでしょうか。







-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「今や全ての日本国民が標的」、イスラム国の機関誌で宣言!

なんとも恐ろしいことに、テロ集団ISISが機関誌で「全ての日本人が標的」であると宣言しました。 戦後、平和国家としての歩みを着実に進めてきたと思われていた日本という国に一体何が起きているのでしょうか? …

病める韓国社会の実相!『帝国の慰安婦』刑事訴訟に勝訴した理由!

韓国のハフィントンポストに掲載された「帝国の慰安婦」の作者 朴 裕河 パク・ユハ 韓国・世宗大教授の反論文です。 病める韓国社会の実相がここにあります。 刑事裁判に勝訴したパク・ユハ世宗大教授を揶揄す …

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・? 医師が選んだ効果的な方法をhuffingtonpostからご紹介します。 猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは? 予防 …

世界幸福度ランキング2017発表、日本の順位は?

国連の統計とは一体どうなっているのだろう? 「世界幸福デー」にちなみ、2017年3月20日に発表された世界の155カ国を対象にした「幸福度ランキング」を見て、意外な結果に驚きます。 第一、「幸福」の定 …

人間は犬ではありません。

日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」が反響を呼んでいます。 子供の人権を侵害している内容で、テレビ局の余りにも配慮の無い内容に腹が立ちます。 内容は以下の通りです。 【明日、ママがいない】全国の児 …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク