気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

ニュース 健康 科学

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

投稿日:2018年1月28日 更新日:

風邪の予防に最も効果的な方法とは・・・?

医師が選んだ効果的な方法をhuffingtonpostからご紹介します。

猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?

予防注射は4位… トップ3は?

GETTY IMAGES
インフルエンザの予防注射を受ける人

インフルエンザが猛威を振るっている。厚労省の1月26日の発表によると、推計患者数は全国で約283万人。今の調査方法となった1999年以降で過去最多だ。複数の型のウイルスが同時流行し、患者数が多くなっているもようだ。

こうなってくると、ぜひ予防に力を入れたいが…どんな対策が「最も効果アリ」なのだろうか?

医師専用コミュニティサイト「MedPeer」が医師を対象に実施したアンケート結果(有効回答数:医師1007人)を公表している。

「最も効果があると思う対策」は次の通りだった。

MEDPEER

1位「手洗いをする」

  • 触れたものから口の粘膜にウイルスが移行する頻度が一番高いと思うから。(50代、アレルギー科)
  • 病院でも感染予防の第一は手洗い。(30代、一般内科)
  • 手指についたウイルスが、特に鼻をさわることで上咽頭、鼻腔粘膜から感染することがわかっているので。うがいは効果なし。マスクは、鼻や口を触る頻度が減るから次いで効果があります。(40代、一般内科)
  • 接触感染のほうが飛沫感染より頻度が高い。(30代、一般内科)

2位「人混みに行かない」

  • 感染力が強いので感染しないようにするのが一番。毎年ワクチン打ったのにかかったという人がたくさんいる。(30代、一般内科)
  • 感染の機会が多ければ多いほど感染の可能性が上がるので、出歩かないのが一番だと思います。(40代、整形外科・スポーツ医学)
  • 通勤電車や職場、人込みなどで、他人から感染することが圧倒的に多いと思うから。(40代、神経内科)

3位「睡眠・休養をとる」

  • ウイルスに対抗するにはまずは体力。(50代、麻酔科)
  • 免疫力の維持とアップには睡眠と休息です。(50代、アレルギー科)
  • インフルエンザに限らず、自分がウイルス感染するときは、しっかり休めていない時だから。(50代、一般内科)
  • 免疫力が低い人から罹患するから。(50代、皮膚科)

4位「予防注射(ワクチン)をうつ」

  • 罹患する確率が減ることと、罹患しても重症化する確率が低くて済む。(40代、リハビリテーション科)
  • ワクチンの効果は医学的に立証されているからです。(50代、整形外科・スポーツ医学)
  • 確実に免疫を高めることができるから。(50代、アレルギー科)

5位「加湿をする」

  • 加湿しているとウイルスが活発にならないため。(50代、一般内科)
  • 粘膜の乾燥はバリア機能を下げるから。(30代、耳鼻咽喉科)
  • 飛沫感染を防ぐ。(50代、一般内科)

なお、「インフルエンザの疑いがある場合、病院へ行く前に最初にやるべきことは?」という質問の答えは次の通りだった。

  1. 「マスク」
  2. 「安静・休養」
  3. 「隔離」
  4. 「病院に電話して受診の相談」
  5. 「水分補給」

http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/28/flu-medpeer_a_23345618/







-ニュース, 健康, 科学
-, ,

執筆者:

関連記事

カラコンでトラブルが増加 / 粗悪品が出回る

若者の間でカラーコンタクトレンズが急速に普及しているといいます。 インターネットで安価に簡単に手に入るようになった為です。 国民生活センターや消費者センターなどにはカラコンによる被害に苦情や相談が増え …

中国-百度(バイドゥ)のIME、中国製の日本語入力ソフトが入力情報を無断送信!

※中国のパソコンソフトは危険が一杯!ということは、皆さんご存じだと思います。 何でもコピーしてしまう中国の企業に商標権や特許権など持ちだしても意味が無いように、パソコンのソフトやCD・DVDなどに関し …

英語授業、中学校も英語で実施へ 教員は「英検準一級」以上

文部科学省は13日、国際的に活躍できる人材を育成するため英語教育に関する実施計画をまとめた。中学校の英語授業は原則として英語で行い、高校の授業では発表や討論などに重点を置き卒業時に英検2級から準1級程 …

小保方氏懲戒解雇、今さら理研の処分発表って・・・?

STAP細胞は存在しなかったという科学的検証の結果を踏まえた結果の処分発表ですが、今さら・・・という感が拭えません。 不正だとしたら、全容解明にはほど遠い検証結果と余りにもいい加減な処分の発表に驚きま …

「自閉症の子供」が急増している理由とは?

昨日(2015/2/17)の中日新聞に、「自閉症 治療薬に弾み 金大など 新化合物効果確認」という記事が目に留まりました。 自閉症の子供さんを持つ親御さんにとっては期待の出来る新薬が開発されようとして …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク