気になるニュース速報

国際ニュースから芸能ニュースまで気になるニュースを速報♪

海外

Google vs Apple 「自動車対決」?

投稿日:2014年1月1日 更新日:

※ウォール・ストリート・ジャーナル紙によるとGoogleとAppleの様々な分野での熾烈な争いがエスカレートしているらしい。そのキーワードは「人にやさしい機械」だという。

世界のロボット市場の先端技術は、宇宙の発展に供すると同時に恐ろしいことに軍需産業と深いかかわりを持っていることは周知に事実です。

先端技術が殺人兵器に転用されることが無いように祈るばかりです。

★——————–★

NewSphere | 執筆者: NewSphere 編集部
投稿日: 2014年01月01日 18時10分 JST | 更新: 2014年01月01日 18時10分 JST

Google対Apple、次は「自動車」で対決か?

n-GOOGLE-APPLE-large570

来週からアメリカ・ラスベガスで、コンシューマ・エレクトロニクス総合展「2014 International CES」が開催される。そこで米グーグルと独アウディが、車載向けのアンドロイドアプリ開発で協業することを発表する予定だという。ウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じている。

米アップルは昨年6月、車載ディスプレイ「iOS in the Car」を発表した。2014年搭載に向け、独BMW、独ダイムラーのメルセデス・ベンツ部門、米ゼネラル・モーターズ(GM)、ホンダが対応車両の開発を進めている。

【購買者の着目点は、馬力や燃費から、ウェブやスマホへの接続へ】
同紙によると、グーグルとアウディの協業の目的は、搭乗者に音楽やナビ、アプリなど、スマホの動作性に似たものを車内で提供することだという。ただ、車載用アプリは「視線は道路、手はハンドル」の状況の想定が課題となる。

スポンサードリンク

その分野ではアップルは既に技術を持っている。受信メールの読み上げや、音声でメールの作成・返信ができる、音声アシスタント機能「Siri」だ。同社は「iOS in the Car」で、地図と「Siri」を統合して車のダッシュボードへ搭載したいねらいとみられる。

一方、グーグルは、アンドロイドソフトをシステムレベルで車と統合したい考えだという。同社は2006年以来、アウディ、トヨタ自動車、テスラモーターズなどに地図技術を提供している。

毎年8000万台の新車が売れている自動車業界で、インターネットベースのソフトウエアにとって重要なチャンスが到来している、とウォール・ストリート・ジャーナル紙は報じた。購買者の着目点が、「馬力」や「燃費」から、「走行中もウエブや携帯に接続できること」へ移行していると同紙は指摘している。

【今、世界ロボット市場において、「人にやさしい機械」がキーワード】
一方、自動車業界で既に進んでいるロボット技術について、グーグルが投資を進めていることも注目されている。グーグルは昨年、ロボット工学関連ベンチャーを8社買収。同社はロボット事業について詳細を明かしていないが、恐らく消費者のためでなく、供給プロセスを自動化するメーカーのためだとCIOトゥデイ誌は推測している。

アメリカの労働安全衛生庁によると、2009年に同国で起きたロボット関連の死亡事故は20件以上だったという。そこで各社は「人にやさしい機械」を目指して開発に取り組んでいる。2012年、この分野は世界ロボット市場を87億ドルへ押し上げたとインドのビジネス・スタンダード紙は報じた。

GMはアメリカ航空宇宙局(NASA)と共同で、指先に圧力センサーが埋め込まれた「ロボ・グローブ」を開発中である。GMは、人とロボットの次世代のコラボレーションとして商業化に向けて取り組んでいるという。







-海外

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ペルソナ・ノン・グラータとは? マレーシアが北朝鮮大使を指定、国外追放へ

今日もhuffingtonpostから転載させていただきます。 ペルソナ・ノン・グラータとはラテン語で「好ましからざる人物」という意味です。 テロ国家、北朝鮮とマレーシアの国交断絶まで行くのでしょうか …

GoogleやAmazon、Appleの法人税逃れにイタリアが課税へ 「ダッチ・サンドイッチ」とは?

◆GoogleやAmazon、Appleなどの国際的な企業に対する実質的な法人税を課税する法案がイタリアで12月23日に成立したそうです。一体、どんな法案なのでしょうか? The Huffington …

“世界一貧しい大統領”が語った、「本当の貧しさ」とは?

「無限の消費と発展を求める社会は、人々を、地球を疲弊させる。発展は幸福のためになされなければならない」 ちょっと古い記事ですが、「世界でもっとも貧しい大統領」として知られるウルグアイのムヒカ大統領が、 …

アメリカ/新20ドル札紙幣肖像に黒人初採用!

アメリカのルー財務長官は2016.4.20、新20ドル札に奴隷解放運動家の黒人女性、ハリエット・タブマンの肖像を採用すると発表しました。欧米のメディアによると、米紙幣に黒人の肖像が採用されるのは初めて …

子ども兵士が倍増、児童斬首の被害も 中央アフリカの内乱

恐ろしいことに、子供達が戦争に駆り出されたり戦争の被害者になるという現実は残念ながら内紛が続く中央アフリカだけの出来ごとではないようだ。 アフガニスタンやイスラム過激派の中にも子供達が戦争に駆り出され …

PageRank Checker

スポンサーリンク


スポンサードリンク